FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

山形の成長株、秀鳳酒造場に行ってきました

2011/10/21
10月5日に山形県の秀鳳酒造場さんに行ってきました。


こちらが秀鳳酒造場の社長、武田荘一さんです。
非常に腰が低く、優しく丁寧なお人柄の方でした。

社長修正


わざわざ山形駅までお迎えに来て下さり、大変恐縮でした。

しかし、お迎えに来てもらって正解でした。
こちらの秀鳳酒造場さんは学校や住宅に囲まれた場所にあり、
お迎えが無いとおそらくたどり着けなかったです。


外観 修正


外観も看板が無ければ酒蔵と気付かないかもしれないです。
こちらの建物は蔵と事務所の一部ですが、社長が子供の頃住まれていた建物だそうです。
ちなみにこの建物、昔は茅葺の屋根だったそうです。

昔は蔵元の周りは田んぼと畑ばかりだったそうですが、
時がたつにつれて家が増えていき、いつの間にか住宅に囲まれていたとのことです。



少しお話を頂き、それから社長自ら蔵を案内して下さいました。

3月11日にあった震災で、建物にひびが入るなどの影響があったそうです。
一番大きな被害は、蔵の古い煙突にひびが入り倒さざるを得なくなったそうです。

壁 修正


こちらがその煙突のあった場所で、今も補修や建て直し等の作業が行われていました。
蔵の中心近くに建っていたため、取り壊す際にも苦労したそうです。




蔵を案内して頂いた後は、お楽しみの試飲タイムです。
そしてこの時試飲させて頂いたお酒の中で、

コレ!というのがありました。


が、これはまた後日別の記事でご案内させて頂きます。
非常に美味しい&お得な商品で、しっかりと案内させて頂きたいと思います。

個人的にこの秋~年末年始に一押しの商品になりました。



秀鳳は山形県内では昔から親しまれていた銘柄の一つだそうですが、
九州ではまだ余りご存知でない方も多いと思います。

どうやらお話を聞くと、県外にも出し始めたのはここ15年くらいからだそうで、
それまでは殆ど山形県内で消費されていたとのことです。


これだけのお酒が今まで埋もれていたというのはもったいないような、恐ろしいような。
そんな山形酒の凄さを感じる訪問になりました。
関連記事
19:37 蔵元訪問記