FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

新発売「獅子の里 純米吟醸 酒未来」入荷しました

2020/07/10
ひさしぶりに空模様が落ち着いてきた大分市です。
みなさんいかがお過ごしでしょうか??
県外の方からは豪雨の無事を気遣うご連絡を頂きまして、
おかげさまで当店は通常営業をいたしております。

さて、本日のご紹介は、「獅子の里」からの新商品!
発売ホヤホヤですよ~*\(^o^)/*



獅子の里 純米吟醸 酒未来(石川/松浦酒造)

shishinosato_sakemirair1_1_1.jpg

720ml 税抜1580円 1800ml税抜2950円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:酒未来(山形県産)100%使用
精米歩合:60%
日本酒度:+1
酸度:1.7
アミノ酸度:1.0
酵母:金沢酵母
備考:瓶燗一回火入れ


石川の地酒「獅子の里」より
酒未来を全量使用した純米吟醸が到着しました。

この酒未来は、
あのプレミア日本酒「十四代」の蔵 高木酒造さんが
18年かけて開発した酒造好適米です。
希少米のため酒未来を使用したお酒って本当に少ないんですけれど、
当店では四月にご紹介した
「奈良萬 純米吟醸 酒未来」
に続き、二品目の酒未来の登場です!


本品は、金沢酵母で醸した「獅子の里」お得意の
食中酒タイプの純米吟醸(瓶燗一回火入れ)。

ベタ甘ではなくほどよく主張する甘味と、
印象的なしっかりめの酸。
香りは穏やかながら、吟醸酒らしい華やぎも感じられます。
優しいジューシーさと、やや厚みを持ったボディ感。
キレの良さも二重丸◎


この「やや厚みあるボディ」と「酸による引き締め」のメリハリから、
本品に対しては
「出るとこは出て引っ込むべき所はきちんと引っ込んだ、
グラマラス体型の華のある金髪美女」
が思い浮かびました(`・∀・´)

メリハリボディに加え、
どこか洋風でモダンな印象もあるお酒なので、
今回のイメージビジョンでは外国人女性にお越し頂きました\( ˆoˆ )/


もうちょっと具体的にお伝えしますと、
石川県は山中温泉を観光で訪れた金髪美女が、
(※本品の蔵元松浦酒造さんは山中温泉に構えています)
宿で供された手の込んだ見目麗しい日本料理の数々に

「Oh~デリシャス!ビューティフル!!」

と感激しながら舌鼓を打っているイメージです。
(きっと、一緒に「獅子の里」も飲んでいると思います笑)


なぜこういうシチュエーションが浮かんだかといいますと、
「獅子の里」って、
料理自慢の温泉宿で出てくるような
上品で手の込んだ「よそゆき」のお料理が合いそう~と、
常々思っていたからです


もしこれがおふくろの味と好相性のお酒だったら、
「日本の家庭的な居酒屋に感激している金髪美女」
というイメージになったと思います笑。



現実には、コロナの影響で
「外国人観光客が温泉宿で舌鼓・・・」
というのは難しい状況でありますが、
早くこんなふうに観光旅行を
安心して楽しめる日が戻ってくるといいなと思っております。


それではまた次回の更新で~(^O^)/





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★


関連記事
15:36 日本酒(石川/獅子の里) | トラックバック(0)