FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

免疫向上の願いも込めて「獅子の里 鮮(せん)」初入荷です

2020/05/26
本日のご紹介は、
「甘口+シュワシュワ」
このスペックが大好物の方には、
大オススメな一本です。



獅子の里 鮮(せん) 
純米吟醸生酒 微発泡性
(石川/松浦酒造)

shishinosato_sen2020_1_1.jpg


375ml税抜1600円
アルコール度数13度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:山田錦(兵庫県産)
精米歩合:60%



石川は山中温泉よりお届けしております
「獅子の里」から、
瓶内二次発酵のスパークリング日本酒「鮮(せん)」が
当店初入荷しました。
2013年に横浜で開催された第5回アフリカ開発会議において、
公式晩餐会の乾杯酒として採用されたお酒です。


本品については、まず容量にご注目ください。
375mlというワインのハーフボトルと同じサイズ。

蔵元によりますと、今までは500mlのみの製造だったところを、
2020年のオリンピック・パラリンピックの乾杯酒として、
飲み切りサイズ375mlを今季新たに開発したとのことです。
”2020年の”オリンピック・パラリンピックは、
ご承知の通り叶わなくなってしまいましたが、

「今では生きている酵母達による効用:免疫力向上につながるよう願いをこめて
ご案内申し上げます」(by蔵元コメント)



本品に含まれる数億もの生きた酵母達の体内に、
生命の根源物質といわれる天然のアミノ酸「アミノブレリン酸(ALA)」が
豊富に含まれているそうですよ~!


さてそのお味は、シュワシュワとした元気のよい泡に、
優しい甘味と酸を伴った、フルーティーな甘口酒。
甘口といっても貴醸酒のようなタイプではなく、
リンゴのように優しくて爽やかな甘味です。
13度という低アルコールとも相まって、飲み口スッキリ。
ドイツワインのようなニュアンスも感じられます。


甘口と聞くと、
「そいつは料理と合うのか?」
こんな疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、
蔵元自身が本品について「乾杯食中酒」という表現をしているだけあって、
お食事ともイケちゃいまーーーす\( ˆoˆ )/

蔵元ホームページによると、
和食のみならずフレンチ・イタリアンなど海外のお料理とも好相性だそうですよ~。

そういう外国料理もOKな"グローバルな感じ"が、
「国際会議(アフリカ開発会議)の公式晩餐会での乾杯酒」
という輝かしい経歴に繋がったのかもしれませんね。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
〇本品は瓶内で酵母が生きておりますため、
 常時冷蔵保存でお願いいたします。
〇炭酸ガス専用のキャップと耐圧ボトルを使用して安全性を高めておりますため、
 ボトルを横に寝かせても液漏れしないようになっております。
〇開栓前は、振ったり、瓶に衝撃を与えないようご注意ください。
〇万一吹きこぼれそうになった場合はすぐにキャップを締め、
 吹き出しが落ちついたのを見計らってから再びキャップを緩めましょう。
 吹き出しそうになったら締める→緩めるを繰り返し、徐々にガスを抜いてからご開栓ください。
 (本品はブシューーーと飛び出すほどキケンな酒ではないと思いますが、念のため…(^-^;)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



また、同蔵から、
「獅子の里 純米オリゼー 夏純米」
も入荷しています。
柔らかなタッチの爽やかな辛口酒。
辛好きさんなら、こちらがオススメです!



それではまた次回の更新で~('∀'人)



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★





関連記事
15:07 日本酒(石川/獅子の里)