FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

バナナであります!「杉勇 純米酒701号酵母仕込」入荷しました

2020/03/26
今回ご紹介のお品は、例えて言うなら
「バナナ」
「超一流体操選手」
以上です!
これだけではどんな味だかまったくわかりませんね!


杉勇 純米酒701号酵母仕込
しぼりたて生原酒

(山形/杉勇蕨岡酒造場)



sugiisami_jyunmai_701_1_1.jpg


720ml税抜1322 1800ml税抜2511円

アルコール度数:17度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:山形県産 美山錦100%
使用酵母:協会701号
日本酒度:+4
酸度:1.8
精米歩合:60%


山形の地酒「杉勇(すぎいさみ)」からの新着です。

本品のご紹介の前に、
まず「杉勇」という酒そのものについて触れさせてください。
この「杉勇」というのは不思議な酒で、
確かにバランスのいい落ち着いた食中酒で悪くはないんだけれど、
別段際立った個性もなく、
探せばほかにも似たようなお酒があるんじゃないかとすら思わせるのですが、
ないんです。
似たような酒が、ないんですよねぇ。

(いや、日本全国をくまなく探せば、ひょっとしたらあるかもしれません。
あったら教えてください笑)

つまり、「杉勇」とは、
普通のようで唯一無二であり、
しかも、実はレベルが超高い酒でもあります。
酒本人はいたって謙虚で
「私美味しいでしょ!」
なんてアピールをしないため
一見そうとは気づきにくい向きもあるのですが、
レベルが高いんです。

だから、「杉勇」の魅力に気づいた方は熱烈なファンになり、
どんなに浮気しても必ず「杉勇」に帰ってくるようなイメージがありますし、
実際そういう方が少なくないはず。
その証拠に、弊店でも「杉勇」はリピート率が非常によろしいのです!


と、前置きが長くなったところで、
本品のご紹介へとまいりましょう(*´∀`人 ♪

日本酒度+4の本品は
「辛口です!!」
と言いたくなるかと思いきや、
思いのほか甘味がしっかりと感じられるなめらかな飲み口。
酸味は、例えて言うならバナナのそれに似ています。
鮮烈で主役級なレモンの酸と違って、
尖りがなくて酒のなかで調和している太目の酸が、
影の立役者的に潜むのです。
むっちりした甘味もバナナっぽいですね( 'ω' )

18度の原酒ですから、重みとか中身の詰まった充実感はあるのに、
パッと見その「重さ」を感じさせないようなところがあり、
それはまるで
「一流体操選手による超高難度美技」
を思わせます。

体操選手が高難度の技をキレよく美しく軽々と決めたときって、
すごく難しいことをやっているのに、
その技術の高さゆえに「大変さ」をはた目には感じさせないことがありますよね?

本品も、
「重いんだけど、重さを感じさせない(でもちゃんと味わうとやはり重みがある)」
そんな錯覚を飲み手に抱かせます。
それは、「杉勇」の持ち味である「綺麗さ」とか「にごりのなさ」が
いかにもな重さ(体操でいう難しさや大変さ)を払拭しているのかもしれませんね。

後味は引き締まった辛味とともに、潔いまでにキレてゆきます。
原酒の充実感とキレのよさ、このコントラストが実に素晴らしいです。
「杉勇」のなかでは比較的メリハリがあり、
個性やボリュームが感じられます。


さっき「杉勇」全般の特徴として
「別段際立った個性もなく」
と書いたんですけれど、本品は「杉勇」比で個性出てると思います笑。
その個性が嫌味にならないんですよね!
そこが「杉勇」らしいのです。

「ほんじゃあ個性が嫌味になる酒もあるのか」
と問われると、
好き嫌いが別れるかなぁと感じる個性のお酒は、ありますね。
本品にもバナナ的むっちり感という個性があるんですけれど、
その個性が強すぎず、好き嫌いが大きくは別れなそさうという意味で
「嫌味がない」のです。


そうそう、バナナの流れでお伝えしますと、
毎年人気の仁井田本家「しぜんしゅ めろん」も入荷しました\(^o^)/
「めろん」ファンの方へ向けて、
取り急ぎ「めろんも入ってます!」のおしらせでした。


それではまた次回の更新で~(* ^ω^ *)



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

18:45 日本酒(山形/杉勇)

旨くて辛い、そして酸「残草蓬莱 特別純米五百万石60 ストロングスタイル」

2020/03/21
前回、前々回と甘い低アル原酒をご紹介したこのタイミングで、
突然真逆のお酒のご紹介です!

「甘いとか低アルとかそういうヤワなのは好みじゃねぇんだよ」
という方には、もってこいなこの一本\(^o^)/



残草蓬莱 特別純米 五百万石60
槽場直詰 無濾過生原酒 ストロングスタイル

(神奈川/大矢孝酒造)

003zaruso_strong_30_1_1.jpg


720ml 税抜1430円 1800ml税抜2860円
アルコール度数:19度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:新潟県産五百万石100%使用
日本酒度:+15
酸度2.0
精米歩合:60%


前回の「Queeen」に続き、神奈川の地酒「残草蓬莱(ざるそうほうらい)」の登場です。
今回のお品は、アルコール度数19度 日本酒度+15の大辛口「ストロングスタイル」。

「Queeen」同様酸の効いたクリアな酒質に「残草」らしさを感じさせつつも、
その個性は「Queeen」とは真反対。
こりゃあ辛いし、強い酒です。

しっかりしたアルコール感ある濃い味わい。
タフな酸とギューッと凝縮した辛味。
酸味と辛味に偏りがちなところを、旨味で味のバランスを整えます。
フレッシュで駆け抜けるように爽快。
酸味と辛味とアルコールのパンチ力で、
口の中を強力にリフレッシュ。


さて、甘好き大分県とはいえ、
必ずしもすべての方が甘口好みというわけではなく、
「辛口が好きです!」
とおっしゃる方ももちろんいます。

ところが、この辛口という言葉が一筋縄ではいかなくて、
その方の求めている「辛口」が
「やや辛」程度を指しているのか
「すっごく辛口」を指しているのかは、
おひとりおひとり異なります。

日本酒度+二桁(+2でなく+二桁!)のお酒を
指名買いされるような辛好きさんもいらっしゃいますし、
辛口が好きだけど大辛酒だと
「辛すぎる」
とおっしゃる方もおられます。
ここが「その方が求める辛さ」の判断の難しいところです。


本品の辛さについて話を戻しますと、
本品はカレーでいうなら平均的な中辛ではなくて、
大辛とか辛口3倍とかそのあたりをイメージしてください。(カレーって!)

厳密には、日本酒の辛さとカレーの辛さを同列に語ることはできないと思うのですが、
わかりやすい例えがほかに浮かばなかったので、
カレーの例えで許してください(;^ω^)

「『普通よりうんと辛いカレー』みたいな酒」
と聞いてビビる方には本品は辛すぎるかもしれませんが、
この言葉にワクワクする方ならお口に合うことでしょう(*´∀`人 ♪
(実際、早々にお求めくださったお客様から、
「美味しかった」
というご感想を頂いております♡)


なお、弊店スタッフの本品に対する試飲メモには
「体に悪い美味しいものが合いそう」
と書かれてあり、この言葉は載せるか一瞬迷いました。
が、本品の特徴を表すのにイイ表現だなーと感心したので、載せます笑。

味が濃くて、油脂分があって、
ヘルシーとは言い難い食べ物って、ありますよね。
でも、困ったことに、そのテのものってウマイんですよねぇ。
そういう「イケナイんだけどウマイもの」と合わせると、
このお酒がノビノビと良さを発揮してくれます。

肉!脂!味濃いめ!!こんなメニューと好相性。
揚げ物なんかもいいですね。
旨味があってしょっぱい酒の肴と合わせるのもウマーそうです。
ヘルシーとは対極でいきましょう。
(ヘルシー要素がどうしても欲しいという方は、
温野菜のマヨネーズディップなんていかがですかね( ̄▽ ̄)
野菜で健康志向を取り入れつつも、マヨの油分・塩気・酸味が本品とマッチしそうです✨)


そうそう、さっき「『普通よりうんと辛いカレー』みたいな酒」という
美味しいのか美味しくないのかよくわからない妙な例えを書きましたが、
本品は一言で言うなら
「ガツンと強くて辛い酒」
これですこれ。
いま急にこのフレーズを思いついたので、末尾ながら掲載させて頂きます(`・∀・´)

とどのつまりは、商品名の「ストロングスタイル」が
本品の個性を的確に表しているのでした。


それではまた次回の更新で~




★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

18:31 日本酒(神奈川/昇竜蓬莱・残草蓬莱)

dancyu3月号掲載「残草蓬莱 純米吟醸 Queeen槽場直詰生原酒」入荷しました

2020/03/13
前回のラストで

>「いや、自分は、見た目ハデなのに中身穏やか、ではなく
>外見も中身も鮮やかなクッキリハッキリ酒が好きであります!」
>という方は、次の記事をお楽しみに。


と予告しました。

このことを覚えてくださっている方がどれほどいらっしゃるかはわかりませんが・・・
予告していたお酒の登場です



残草蓬莱 純米吟醸 Queeen(クイィーン)
槽場直詰生原酒
 (神奈川/大矢孝酒造)

zarusou_queeen_r1_1_1.jpg

720ml 税抜1460円 ※720mlのみのご用意です
アルコール度数:12度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:麹…山田錦、掛米…出羽燦々
日本酒度:-10
酸度:2.2
精米歩合:60%
注目度:126
爽快・透明感・果実味(STF)


神奈川の地酒「残草蓬莱(ざるそうほうらい)」の人気商品
低アル原酒「Queeen(クイィーン)」です。

まず、上記の本品スペックにあります

>注目度:126
>爽快・透明感・果実味(STF)


この二項目は、弊店がウケ狙いで勝手に付け足したものではなく、
実際の商品ラベルに表示されているものです(;''∀'')


「笠木酒店がおふざけしてるわー」
と誤解されたら嫌なので、

「これは、蔵元公式の記載であります!!」

ということを、いの一番にお伝えさせてください笑。

商品名「Queeen」の由来は、本品の度数12度にちなみ
トランプの12番クイーンとかけてQueen……のはずが、
"e"を一つ付け足してQueeenとのことです☆



さて、前回の「秀鳳 花見酒ゆっくり」に引き続き
またまた低アル原酒が登場しました。
この並びには、ちゃんと理由があります。

「秀鳳 花見酒」も本品も

「低アル原酒」且つ「甘い」

という共通点を持ちながらも
明確な個性の違いが存在しますため、
その点を比較しながらご紹介すると面白いかなぁと思い、
低アル原酒のあとにまたまた低アル原酒という流れを採用してみました٩( 'ω' )و

ちなみに、どちらもレベルは甲乙つけ難しってやつですので、
「どっちがウマイですか?」
という質問は、なしでお願いします笑!!


火入れの「花見酒」に対し、本品は生原酒。
「花見酒」も香りや甘味があって一見華やかなんですが、
芯にあるのは火入れ酒特有の落ち着きです。

ところが、本品は生原酒ですからね。
芯までイキイキしています。
口に入れたら、最初から最後までイキイキしてます笑。

「残草蓬莱」らしい鮮やかな酸味と、
たわわに実った果実のように豊かな甘味。
ゆずを思わせるほろ苦味。
「飲みごたえ」と「スッと入る感じ」を両立した低アル原酒特有の飲み口に、
生酒ならではの躍動感ある香味。
そして、とってもフルーティー!


生のフルーツとドライフルーツって、
明らかな違いがありますよね?

新鮮な果汁、みずみずしさ、若々しい香気、爽やかさ、、、、

このお酒が持つ個性も、まさにそれです。
「爽快・透明感・果実味(STF)」です\(^o^)/

(ところで、「爽快・透明感・果実味(STF)」のうち、
最後のFだけが果実味のKじゃなくてFなのは、
これだけ英語のfruityから取ってるんでしょうかね?)


前回の「秀鳳 花見酒」は
「見た目コテコテなのに意外にも中身はおっとりしたネーチャン(聞き上手)」
に例えましたが、
本品は外見はもとより中身までイキイキしておりますので、

「お洒落で可愛くて人目を引いて、
いつも輪の中心にいるにぎやかなアイドルタイプ」


こんな感じです◎

「花見酒」が"二人でしみじみ語り合う系"だったら、
こちらは"みんなでワイワイ系"です。
そのワイワイの中心にいるのが、みんなの人気者Queeenちゃんです。

おひとりで召し上がってもモチロン美味しいお酒ではありますが、
みなさんで集まってお酒を飲む機会がありましたら、
アイドル要員として、ぜひ本品をご活用ください(*´∀`人 ♪



それではまた次回の更新で~





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

19:40 日本酒(神奈川/昇竜蓬莱・残草蓬莱)

今年の大分市の開花予想日は21日「秀鳳 特別純米 花見酒ゆっくり 」入荷しました

2020/03/06
前回取り上げました「能古見」のあらばしりに引き続き、
これまた三月中に、それも桜の開花前にご紹介したいお酒の登場です。

去年は桜の開花直前というギリギリの時期に載せたので、
今年はもう少し余裕を持って、
このタイミングで本品をご案内しようと思います٩( 'ω' )و



秀鳳 特別純米 花見酒ゆっくり
(山形/秀鳳酒造場)


shuho_hanami_30_1_1.jpg


720ml 税抜1200円 1800ml税抜2400円
アルコール度数:14度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:山形県産出羽の里100%使用
日本酒度:-1
酸度:1.4
精米歩合:60%


去年新発売されたこちらのお酒は、
山形の地酒「秀鳳(しゅうほう)」がお届けする
度数14度の低アル原酒。

昨年はデビュー早々売れていき、
この"ハズさない感じ"が「秀鳳」らしい一本です。
(そう、「秀鳳」って、高確率でハズさないんですよね!
だからずっと人気があるのでしょうね)


商品コンセプトは、
「花見の時期にゆっくりと飲めるように、
アルコール分14%の低めの原酒を造りました。
ゆったりとした気分で味わえるよう、穏やかな味わいです」
(by蔵元コメント)


特別純米ながら酵母由来の「秀鳳」らしい華やかな香りがあり、
日本酒度-1の甘めのテイストは、
甘いのが好きな方なら心くすぐられることでしょう。

ですから、地味一直線のいかにもな地味酒と比べると
パッと見華やかな印象も受けるんですけれど、
こちらは生酒ではなく火入れ酒なんですよね。

そんなわけで、香りとか、甘さとか、
はたまた新酒のフレッシュ感といった
「ハデ要素」を持ちながらも、
この酒の根底に流れるのは
火入れ酒特有の「落ち着き」です。

この落ち着きが、蔵元コメントにもありました
「穏やかな味わい」
を醸し出しています。


そんな本品は、一言で申し上げるなら

「最初見たときは
『服も化粧もコテコテのネーチャンだな(香水のにおいもするし・・・)』
と思ったけど、
いざ話してみると思いのほか話し方も性格もおっとりしていて、
おまけに聞き上手なもんだからついこっちも色々喋ってしまい、
気が付いたら、
ゆっくり、
話し込んでいました・・・(でも悪い気シナカッタヨー)」


こんな感じのお酒です!

一言が長いですよね笑。
(しかも、わかるようでわからないという・・・(;・∀・))

ゆっくり話し込んでしまうあたりに、
本品「花見酒 ゆっくり」のイメージをつかんで頂けますと幸いです\(^o^)/


華やか要素ゼロのいかにも地味な地味酒とはまた違う、
「パッと見華やかな印象も受けるんだけど、中身は穏やか」
こんな二面性が面白い一本。

「飲みごたえあるしっかりした味」

「身体に負担の少ない感じ(度数の低さ)」
を備えた低アル原酒特有の飲み口もまた魅力です。
この感じって、度数の高い原酒や加水の低アルでは
なかなか出会えないんですよね。

低アルゆえに、酔いの回りも遅うございますので、
お花見しながら屋外で召し上がっても、おそらく安心です。
(適量超えたら酔っ払いますよ!)



「いや、自分は、見た目ハデなのに中身穏やか、ではなく
外見も中身も鮮やかなクッキリハッキリ酒が好きであります!」

という方は、次の記事をお楽しみに。


それではまた次回の更新で~(#^.^#)





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

21:22 日本酒(山形/秀鳳)

今年のあらばしりは清楚で華のあるお嬢さん「能古見 純米吟醸 あらばしり」入荷しました

2020/03/02
前回の記事では、
「冷酒以外も試して!」
とさんざんPRしましたが・・・。

今回のお品は、
「いいや、やっぱりヒエヒエが好き!!」
と断固ヒエヒエ派の方にも安心の、
冷やして美味しいこの一本\(^o^)/


能古見 純米吟醸 あらばしり(佐賀/馬場酒造場)

nogomi_jyungin_adabasiri29_1_1.jpg


720ml 税抜1636円 1800ml税抜3230円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:山田錦
日本酒度:+3
酸度:1.5
精米歩合:50%


佐賀の地酒「能古見(のごみ)」より、年一回の限定発売、
山田錦100%使用の純米吟醸あらばしりが到着しました。

本品は一言で言うなら、
「綺麗で上品なあらばしり」
こんなイメージのお酒です。


フルーティーで程よく華やか。
新酒しぼりたてのフレッシュで透明感ある口当たり。
上品でさっぱりとした瑞々しい甘味と、爽やかな酸味。

ハデハデ・香りプンプンタイプではなく、
清楚な美しさと嫌味のない華やぎを併せ持った上品な個性から、
「ご令嬢(もちろん美人)」
という言葉が浮かんでくる一本です。


このお酒のいいなと思ったところは、
雑味のない綺麗で華やぎある美味しさから
「日本酒に興味があるけど、どれを買ったらいいかわからない」
という初心者さんにも自信を持って勧められる点。
もし初めて飲んだ日本酒が本品だったら、
「わぁ、日本酒って、美味しいんですねぇ」
こんなふうに日本酒に好印象を抱いてくれそうな美酒です。

一方で、
「日本酒にはちとウルサイよ!」
という方が召し上がった場合。
仮に本品がその方の好みのタイプとは違っていたとしても、
「酒そのもののレベルの高さは認める」
と、飲み手を納得させるクオリティがあります。
(ここがスゴイなと感心しています)

好みのタイプでない方が召し上がっても(おそらく)こうなのですから、
「綺麗酒」「華やぎ酒」が好みド真ん中の方が召し上がったら、
そりゃあ悪い気はしないでしょう( ̄▽ ̄)✨


本品も、ヒエヒエのみならず、
冷蔵庫から少し早めに出してややヒエ~常温くらいに温度を上げてもOKです。
(と、またしてもヒエヒエ以外も勧めようとするのでした・・・)

別の見方をするなら、
意識的に冷蔵庫から早めに出さずとも、
食卓で召し上がっていくうちに
だんだん酒の温度は室温に合わせて上がっていきますが、
そうやって温度が上がった状態で飲んでもウマーな思いができると言えます( ´艸`)
(むしろコッチのほうが好き!という方もいるかもしれませんね)


3月になりましたねぇ。
本品はすごく春らしい華やぎのお酒ですので、
3月最初の記事というタイミングバッチリでのご紹介でした!

それではまた次回の更新で~(#^.^#)



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

16:43 日本酒(佐賀/能古見)
 | HOME |