FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

新酒「房島屋 純米超辛口 おりがらみ」入荷しました

2019/12/03
引き続き新酒のご紹介でーーす!!

今回は、日本酒と料理の組み合わせについても、ざっくり語ってみました(* ^ω^ *)




房島屋 純米超辛口 おりがらみ(岐阜/酒造)

boujimaya_choukara_origaramir1_1_1.jpg



720ml 税抜1300円 1800ml税抜2600円
アルコール度数:17度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:麹米…あけぼの 掛米…五百万石
日本酒度:+10
酸度:2.0
精米歩合:65%




岐阜の地酒「房島屋」より、
令和元年の新酒第一弾が到着!
7号酵母で醸した「純米超辛口おりがらみ」です。

穏やかな香りと、新酒のフレッシュな爽やかさ。
少しフルーティーなニュアンスも感じさせる、ジューシーな飲み口。
「房島屋」の太さとシャープな辛味とキリッとした強い酸味によって、
非常に存在感あるドシッとしたおりがらみに仕上がっております。


特に、

脂の乗った刺身
ポークソテー
塩焼き鳥 など


脂っけのあるお料理とは実に好相性。
このお酒の濃醇さとお料理の濃さ(旨味)がマッチするだけでなく、
お酒の辛味と酸味が口の中に残ったお料理の油分を洗い流してくれます。

味付けは、醤油とみりんの甘辛味よりは、塩味系のほうが合わせやすいかもしれません。


と言いながら、この辺のことは
本当はあまりこだわりすぎなくてよいと思うのですが、
(ガチガチにこだわりすぎるとお料理選びがストレスになりますからね)
その一方で
「こういうお料理が合うと思うよ!」
というのも、そのお酒にまつわる情報の一つになるかと思い、お伝えしているところです。


ですから、今回の記事で言いますならば、
「絶対塩をチョイスして!」
という意味ではなく、

「タレ焼き鳥より塩焼き鳥のほうが合いやすいかもしれんよ!
でも、タレで食べても別にいいよ!
むしろ、タレのほうが合うって思う方もいるかもしれんからね!」


くらいのニュアンスでお伝えしているとお受け取りください٩( 'ω' )و


これがワインになると
「絶対合わない組み合わせ」
というのがハッキリ出てくるんですけれど、
日本酒はその辺がいい意味で曖昧。

日本酒にも
「合う組み合わせ」

「そこまでバッチリじゃない組み合わせ」
はありますが、ワインほど

「これ絶対アカン!!(口の中で生臭くなる)  

という 『魔の組み合わせ』 は少ないですので(全くないとは言いませんが・・・)、
日本酒に関してはあまりガチガチにこだわり過ぎず、
あなたのお好みや感性で自由に楽しんで頂けますと幸いで~~す\(^o^)/


そして、飲みつけるうちに、
「こういう料理が合いそうだな~」
というのが、だんだん、自然とわかるようになることと思います。


(「魔の組み合わせ」も、実際に体験してみると、経験としてはオモシロイです笑。
何度も試したいとは思いませんけどね(;^_^A)


本日もご閲覧誠にありがとうございました。
それではまた次回の更新で~(* ^ω^ *)


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
17:53 日本酒(岐阜/房島屋)
 | HOME |