FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

新酒「残草蓬莱 純米 しぼり立て生原酒」入荷しました

2019/11/29
ついこの間まで熟成酒のご紹介を立て続けにしておりましたが、
本日のご紹介も新酒です!
もう、季節は、新酒なんですねぇ。



残草蓬莱 純米 しぼり立て生原酒
(神奈川/大矢孝酒造)

zarusou_shiboritate_jyunmair1_1_1.jpg


720ml 税抜1280円 1800ml税抜2550円
アルコール度数:18度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:千葉県産加工用米100%使用
日本酒度:±0
酸度:2.2
精米歩合:75%


神奈川の地酒「残草蓬莱(ざるそうほうらい)」より、
しぼり立て生原酒の到着です!

もろみを搾ったそのままの状態で瓶詰した本品は、とにかくフレッシュ。
「度数18度 歩合75%」のスペックを裏切らない、厚みと飲み応えある飲み口。
少し華やぎのある甘味と、柑橘のようなしっかりとした酸がキッチリ感じられる、
非常に「残草蓬莱の新酒でございます!!」的な一本です。

こういう鮮度あるお酒には、お料理も生の食材を合わせたくなりますね。
加熱したものならば、塩味等のシンプルな味付けのものもよいでしょう。
酸の効いたお酒ですので、
「酸味が合いそうな料理(お酢やレモン汁をかけたくなる料理)」
という観点でチョイスするのも良いかもしれません。


たとえば・・・↓


〇大根サラダやチキンサラダ
〇明太子豆腐(明太子とお豆腐で作る煮やっこ)
〇とりハム
〇牡蠣のガーリックソテー
〇鮭のバターポン酢焼き



なんていかがでしょうかねぇ。
美味しそうですねぇ。

みなさんも、良い組み合わせを見つけましたら、ご報告ください笑。

そして、ブログやFBを見て、
実際にその商品を買いに店舗までお越しくださる方々、
本当にありがとうございます!!
そうやってお求めくださったお品がお口に合いましたら、なお幸いです。

それではまた次回の更新で~(◍•ᴗ•◍)







★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

21:22 日本酒(神奈川/昇竜蓬莱・残草蓬莱) | トラックバック(0)

新酒「鏡山 純米新酒搾りたて」入荷しました

2019/11/27
新酒のご紹介第二弾です!


鏡山 純米新酒搾りたて(埼玉/小江戸鏡山酒造)

kagamiyama_jyunmaisiboritate_r1_1_1.jpg

720ml 税抜1550円 1800ml税抜3100円
アルコール度数:17度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:60%


「酒粕クリームチーズ」でもおなじみ
埼玉の地酒「鏡山」より、令和元年産の新酒が到着しました。

(酒粕クリームチーズとは、
「鏡山」の酒粕と純米酒にクリームチーズを漬け込んだ和洋折衷の乙なチーズです。
ウェブ上ではあまり宣伝していないものの、
弊店ではコンスタントに売れている堂々の人気商品であります)

と、話がチーズにそれましたが、
今年の新酒も「鏡山」らしさが全開!

純米酒でありながら、華やか。
初々しい甘味と瑞々しさ、そして若々しい苦味。
キレもよく、まだノリは浅けれど、純米酒としてのコクも控えめながら感じられます。
(すっごくコク深いタイプではありません。
新酒らしいフレッシュさや香り、ジューシーさを楽しむ一本です)

若々しく華やかな感じが、新酒の喜びを体現しています。
甘味があって華やかなのがお好きな方には、特に特にオススメ。
それこそ、チーズ嫌いの方でなければ、
「酒粕クリームチーズ」とのセット買いも
心よりオススメいたします


新酒はこのほかにも到着しております。
ご来店の際はどうぞほかのお品もご確認ください。
(ウェブでも随時ご紹介してまいりますね~!)

それではまた次回の更新で



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

17:17 日本酒(埼玉/鏡山)

純米大吟醸ヌーヴォー「秀鳳 純米大吟醸 豊穣感謝祭 生原酒」解禁です!

2019/11/23
先日の11月21日、すなわち11月の第三木曜日は、
毎年恒例ボジョレーヌーヴォーの解禁日でした。
今年もたくさんのご予約を賜り、誠にありがとうございます。

さて、日本酒も純米大吟醸ヌーヴォーが、早くも本日解禁です!

(なお、ヌーヴォーとは新酒のことです)



秀鳳 純米大吟醸 豊穣感謝祭 生原酒
(山形//秀鳳酒造場)

shuho_houjoukanshasai_1_1.jpg


720ml 税抜1500円 1800ml税抜3000円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:山形県産 出羽燦々100%
精米歩合:45%
日本酒度:-3
酸度:1.5



山形の人気酒「秀鳳(しゅうほう)」より、限定商品
「秀鳳 純米大吟醸 豊穣感謝祭 生原酒」
が、本日11月23日発売。


注目はなんといっても、
この11月という早い時期に醸された純米大吟醸である点!

今の時期でもすでに令和元年産の新酒のリリースは始まっていますが、
それらの多くは本醸造や純米酒や特別純米酒などです。


一方、純米大吟醸の醸造は厳冬期が適しているため、
純米大吟醸の新酒というのは、
必然的に年が明けてから発売されるものが大半になります。


そんな中、秀鳳酒造場では、
この秋に収穫したばかりの新米を原材料として10月に仕込み、
職人の技を存分に活かすことで、
11月23日の解禁日にあわせて
最高峰のお酒を醸すことにチャレンジしました。



蔵元がこだわったこの11月23日というのは、
昭和22年まで、収穫祭にあたる新嘗祭(にいなめさい)の祭日でした。
先日執り行われた「大嘗祭」は、
新天皇が即位して初めて行われる新嘗祭のことです。

本品は、新たな実りに感謝するこの日に、
出来立ての純米大吟醸ヌーヴォーを楽しむという、
日本酒の新しい楽しみ方を提案する新時代の一本。


さて、お味の方はと言いますと、
「秀鳳」らしく香り華やか!
イチゴのような愛らしくフルーティーなフレーバーに、
トロリとした甘味。
キュッとした酸。

透明感あるフレッシュな口当たりながら
生原酒としての重み・旨味・コクもしっかり感じられ、
「豊穣感謝祭」の名の通り、
豊かさを存分に感じる豊満リッチな純米大吟醸です。


1800mlで税抜3000円(税込3300円)というお値段も、メッチャ嬉しいですね!!


「実りの秋に感謝しましょ~!」
と言われなくても、その美味しさから、
飲めばおのずと自然の実りに感謝したくなることでしょう



それでは、今週末もご来店お待ちしております(*^∀^)人(^∀^*)
ではまた次回の更新で~!


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
15:00 日本酒(山形/秀鳳)

「中島屋 純米酒 三年熟成」入荷しました

2019/11/19
そろそろ、早い蔵からは令和元年の新酒が到着しているなか、
もういっちょ熟成酒のご紹介で行きます!

新酒のご案内はもうしばしお待ちくださいね~。

いいや待ちきれんという方は、
どうぞご来店のうえ
店頭で直にお確かめください(*´∀`*)




中島屋 純米酒 三年熟成(山口/中島屋酒造場)


nakajimaya_jyunmai_3nen_1_1.jpg

720ml 税抜1600円 1800ml税抜3200円
アルコール度数:16度
原材料名:米(山口県産)、米麹(山口県産米)
原料米:山田錦100%
精米歩合:60%
日本酒度:+1
酸度:1.8
アミノ酸度:1.4


山口の地酒「中島屋」より
三度の夏越し熟成酒が到着しました。
(一夏熟成ではなく、三年分の夏を越したお酒です)


トロリとした米の甘旨味に、
キレのよい酸。
どっしりとしたコクを備えた
綺麗な熟成酒です。


一般的には、熟成酒に「綺麗」という表現は
使わないことが多いかもしれません。

熟成酒といえば、
「個性」とか「熟れた」とか「味わい深さ」あたりウリであって、
「綺麗」というのは熟成酒の持ち味の対極にある言葉のようにも感じられますが、
こちらのお品にはあえて
「綺麗な熟成酒」
という表現を使ってみたいと思いますb(’0’)d


本品は熟成感もたっぷりと感じられる一方で、
「中島屋」らしい端正さも備えており、
"熟成酒だけどクセのない味"に仕上がりました。

それは言い換えるなら
「綺麗な熟成酒」であり、
初めて熟成酒を飲まれる方にもオススメしやすい一本です。


また、味は濃けれど、
度数は16度と、実はさほど高くありません。
「甘旨がしっかりあるのはいいけど、高度数だと困るよ!」
という方もご安心。


オススメ温度帯は常温~お燗。
常温でも十分まろやかなお酒ではありますが、
お燗にするとより一層まろやかな風味を楽しめます◎



前々回から熟成酒のご紹介が続いておりまして、

「玉川 自然仕込 純米酒(山廃)雄町 無濾過生原酒(28BY)」
「玉川 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒(28BY)」
「中島屋 純米酒 三年熟成(本品)」

上に行くほど度数も個性もパワフルで、
下に行くほど、度数も下がり、味のクセも穏やかになります。

と言っても、三品とも一般的には
「味のしっかりした濃いお酒」
と言われる部類のアイテムです笑。

上記の分類は
「上に行くほどフルボディで、下に行くほどライトボディ」
という意味ではなく、
本品もフルボディだけど
一番上のはフルボディ中のフルボディ
という認識でお読み頂くと、だいたいイメージ通りかと存じます٩( 'ω' )و


これからの季節にピッタリの、深みあるテイストは熟成酒ならでは。
一夏熟成のひやおろしとはまた違う、
より一層の"深みの世界"へとお運びください。
(ハマる方は、結構ズブズブハマります笑)


それではまた次回の更新で~!



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
15:40 日本酒(山口/カネナカ・中島屋)

豊かな甘旨、存在感のある一本「玉川 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒28BY」

2019/11/13
今回のご紹介は、
まるで昨夜の満月のように
豊かに満ち足りたこのお酒。


玉川 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒(28BY) 
(京都/木下酒造)

136_convert_20131226192901.jpg

(「玉川」のロゴも、心なしか満月っぽく見えますね笑

720ml税抜1600円 1800ml 税抜3200円
アルコール度数:18度以上19度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:雄町100%
精米歩合:60%




前回ご紹介しました京都「玉川」の山廃純米雄町と同じく、28BYのお品です。

一般的なひやおろしは一夏熟成ですが、
本品は蔵で製造されたあと、
2017年の夏、2018年の夏、2019年の夏と、
三夏越した年季もの。

こちらは速醸のため、
前回の山廃純米雄町と比べますと
速醸特融の飲みやすさがあります。
(といっても、一般的には、本品も「個性的なお酒」の範疇に入るお酒でしょうね(^_^;))


熟成酒らしい落ち着いた飲み口。
素直に美味しい豊かな甘旨味。

一歩間違えれば、豊かな甘旨味ゆえに
味わいが膨らみすぎてダレてしまいそうになるところを、
ほどよく引き締めてくれるアシスト的な酸。
(山廃のように強く主張する酸ではないので、「アシスト的な」と表現しました)

雄町ならではのたっぷりのコク。
後口を引き締める苦味・辛味と、まろやかな渋味。


全体的に「たっぷり・豊か」という味わいに満ちており、
「甘旨濃い酒」
がお好きな方には、心底オススメです☆



前回ご紹介の山廃純米雄町(28BY)がお気に召した方は、
おそらくかなりの高確率でこちらも気に入るのではないかと思われます( ̄▽ ̄)


また、山廃よりクセがマイルドになりますため、

「甘旨濃い酒も熟成酒も好きなんだけど、
山廃のほうは個性強すぎてダメだったー」


という方も、本品ならお口に合いやすいのでは?


こういうお酒って
好きな方は本当に好きなので、
お口にジャストミートした方は、
きっと大感激されることでしょう!


次回は別銘柄の熟成酒のご紹介を予定しております。
熟成好きさんはぜひお楽しみに。


それではまた次回の更新で~(#^.^#)





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
15:00 日本酒(京都/玉川)

熟成!山廃!雄町米「玉川 自然仕込 純米酒(山廃)雄町 無濾過生原酒」のご紹介です

2019/11/02
本日のご紹介は、
夏以来の登場となる京都のあのお酒。

「夏」「京都」

このキーワードでどの銘柄か分かった方は
弊店の常連さまかと存じます。

常連じゃないのに分かった方は、
弊店のブログやFBを何度もご覧くださっている方でしょうか

ご来店&ご閲覧、いつも誠にありがとうございます('∀'人)



玉川 自然仕込 純米酒(山廃)
雄町 無濾過生原酒
(京都/木下酒造)

tamagawa_yamahaiomachi28_1_1.jpg

720ml 税抜1500円 1800ml税抜3000円
アルコール度数:20度以上21度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:雄町
精米歩合:66%



夏の人気酒「アイスブレーカー」でお馴染み
京都「玉川」がお届けする
これまた強烈な個性派酒。


〇蔵付き酵母による山廃仕込み
〇2年半以上の熟成酒(2019年11月現在)
〇20~21度の高度数


このあたりのスペックを見ただけで、
「タダゴトではない酒」です。
(ホメ言葉ですよ!)


まず特筆すべきは、28BYと、
2019年11月現在で2年半以上の熟成酒である点。

一般的なひやおろしが春に搾って夏に寝かせて秋に出荷される
「ひと夏熟成」
であることを考えると、
本品の2年半以上という期間がいかに長いか
おわかり頂けるかと思います٩( 'ω' )و


その年月の長さを存分に感じさせる、
まるでレーズンのように凝縮された力強い甘・旨・酸。
(甘味は結構しっかりあります)
そして、甘旨酸のみならず、苦味も渋味も辛味もコクも、
すべてを存分に備えた非常にパワフルなお酒です。

これだけの充実ボディながら、
もたつかない後口のキレの良さも実にお見事。

雄町×熟成×山廃無濾過生原酒
というスペックから想像される味に恥じない
堂々たる一本です。


その個性ゆえ、飲み手を選ぶお酒ではありますが、

「熟成酒(日本酒でもワインでも)」
「太濃い酒」
「熟成フルボディ赤ワイン」
「クセのあるチーズ」


このあたりがお好きな方にはドハマりしやすいことでしょう。
「そういうのがスキだーーー!!」
という方には、ぜひオススメしたい一本です。



あわせるお料理も、

〇すき焼き
〇ウナギの蒲焼
〇タレや醤油がしっかりついた茶色いお料理
〇ジビエ
〇珍味と呼ばれる類のもの
〇熟成フルボディ赤ワインと合いそうな料理


こういう「濃いもの」が好相性。
「生のものではなく加熱したもの」というのもポイントです。



飲み頃温度帯は、冷酒から熱燗まで全部オッケーでーーす\(^o^)/


大分という土地柄、
●お燗はあまり馴染みがない
●そもそも燗酒ってどうやって作るの?

という方も多いでしょうか。

しかしながら、温度帯で味わいが変わる日本酒を
冷酒でしか飲まないというのは、
もしかしたらちと勿体ないことかもしれません。
また、季節柄、冷え性の方にもお燗はとてもオススメです。
日本酒は身体を温めるお酒と言われていますが、
燗酒にすることでその作用が一層UPいたします。
 

燗酒は、手っ取り早く作るならレンジ。
※短時間で温度が上がりますため加熱しすぎにご注意。

弊店では燗酒を作るための専用器具
酒燗器(税抜2000円~)もお売りしております。
(湯銭でお酒を温めるシンプルな器具です。
レンジで十分かと思いきや、あると非常に便利なアイテム!)


ご興味のある方はお気軽にお声かけください


それではまた次回の更新で~ヾ(o´∀`o)ノ
この連休もご来店心よりお待ちしております




★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★






17:45 日本酒(京都/玉川)
 | HOME |