FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

秋のお酒7 綺麗さと力強さ「獅子の里 純米吟醸 絆 秋あがり」

2019/10/25
本日のご紹介は、

「本当は、このお酒の地元で
その地の料理と合わせて頂くのが
一番おいしいんだろうなぁ・・・」

と内心思わずにはいられないこのお品です。

そういうお酒を"地元"ではない当地でお売りしているわけですが、
もちろん、大分で召し上がっても美味しいお酒でございます( ̄▽ ̄)



獅子の里 純米吟醸 絆 秋あがり(石川/松浦酒造)

akiagari_sisinosatoKizuna_1_1.jpg
720ml 税抜1880円 1800ml税抜3600円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:60%
原料米:麹米…雄町(岡山県産)、掛米…八反錦(広島県産)
使用酵母:熊本酵母(熊本県酒造研究所)
日本酒度:-1
酸度:1.6
アミノ酸度:1.2
備考:ビン燗一回火入れ


石川は山中温泉よりお届けしております
「獅子の里」から、
純米吟醸秋あがり「絆」の到着です(^O^)/


「獅子の里」というと、
クリアな飲み口の綺麗系食中酒というのが
当店定番の紹介文なのですが、
ことにこの「絆」に絞ってお伝えしますと、
印象的なのが、酸!

穏やかな香りに綺麗な飲み口という
「獅子の里」のいつもの特徴はもちろんのこと、
本品においてはまろやかだけどエッジの効いた太い酸が
味の中心部をズシリと通り、
ボリューミィで熟成感のある旨味が、
ただ綺麗なだけでは終わらない
ある種の野性味のような力強さも感じさせます。


そんな本品からは
「いかにも秋冬の脂の乗った食材と合うよオーラ」が
ふんだんに溢れていまして、

石川名物のカニ
石川名物のブリ
石川名物のノドグロ
石川名物の鴨肉
(秋冬限定の食材ではありませんが)石川名物の能登牛・・・


と、地元石川の秋冬の味覚を慌てて隣に持ってきたくなる一本です。

(こうやって書きだすと、石川って、本当に食材の宝庫なんですねぇ。
「石川名物の・・・」でまだまだ続けられそうです笑)

もちろん、大分の食材と合わせてもオッケーですよーヾ(o´∀`o)ノ



ウマーなお酒なので、
ウマーなお料理とよく合います!

↑語彙に乏しい表現ではありますが、
本品の食中酒としての良さをシンプルに表現すると
こんな感じです٩( 'ω' )و
あっさり淡泊なものよりは、
味のしっかりあるものや旨味のあるものが特に好相性です◎


それではまた次回の更新で~(◍•ᴗ•◍)
今週末もご来店お待ちしております



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★


19:17 日本酒(石川/獅子の里)

秋のお酒6 普通のお酒をウマ~く造ってしまう福島の底力「奈良萬 純米酒 ひやおろし」

2019/10/17
本日のお品は、
のっけからありていに言っちゃうと、地味で滋味です(-.-)
個性のあるお酒やキャッチーなお酒に比べますと、
アピール力という点では弱いのかもしれません。


けれど、
「こういうお酒の良さがわかる人って
お酒をよくご存じとか、
味覚が繊細な味のよくわかる方なんじゃないかしら?」
そんな感想も浮かんでくる一本でもあります。



奈良萬 純米酒 ひやおろし(福島/夢心酒造)

naraman_hiyaoroshi_30_1_1.jpg



720ml 税抜1300円 1800ml税抜2602円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:55%
備考:生詰めで瓶詰後、品質安定化のため瓶燗火入れを施しています



福島は喜多方の地酒「奈良萬」より、ひやおろしが入荷しました。

「奈良萬」の味をご存じの方でしたら、
「奈良萬のひやおろし」
という味をイメージしていただければ、
大方そのイメージと相違のない、想像通りのお味かと存じます。


「奈良萬のひやおろし」と言われても
味がイメージできない方のためにご紹介しますと、
優しい香味バランスの食中酒。

甘味・旨味・酸味・辛味・苦味・渋味といった味の要素が
いずれもあまり強くは主張せず、
まるで淡雪のように抵抗なくスッと入り、
口の中でじわじわとふくらみを見せ、
主張しすぎない"味わい"や"コク"なんぞを
ふむふむと味わっていくうちに
フッと消えてゆく後口。


スッと入ってフッと消えていくので、

「地味、普通、悪くはないが印象に残らない」

こんなご感想を抱く方もいらっしゃるかもしれません。


けれど、本品は、
最初の一口でウマーイ!と味をしっかり感じる
カレーやチャーハンではなく、

「カレーもチャーハンもいいんだけど、
結局毎日飽きずに食べるのは白いご飯」


こういうポジションのお酒です。


白ご飯同様、最初の一口でいきなり
「ウマーイ!!」
という感動はないかもしれませんが、
こういうお酒はそもそもが地味(滋味)酒なので、
それでよいのです( ̄▽ ̄)


地味酒は、
いちいち感動せず、
深く考えず、
料理もあまり選ばず、
なんとなく飲む。

これでよいのです。

(もちろん、こういうお酒に感動される方は、大いに感動してください٩( 'ω' )و
お酒の感想に正解・不正解はありませんので、
あなたの率直な感想やお好みを大事にされてください)


なんとなく飲んでしまえるというのは、
見方を変えれば気になる欠点もないという意味ですから、
こういう、大げさではない「普通」のお酒を
さりげなくうま~く造ってしまうあたりに、
酒処福島の底力を感じずにはおれないのでした。。。


温度帯は、キンキンの冷酒よりは
常温~ぬる燗あたりが
本品の良さがわかりやすいかと存じます。

普段は冷酒一辺倒のキンキン好きさんも、
本品に関しましては、お気が向きましたら
少し早めに冷蔵庫から出して、
温度を上げて(常温に近づけて)召し上がるという選択もお試しください(*´∀`*)



いつも閲覧誠にありがとうございます。
それではまた次回の更新で~(#^.^#)




★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

13:07 日本酒(福島/穏・自然酒)

おっとり、癒し系のフルボディ白「グリニャン・レ・ザデマール・ブラン・キュヴェ・ロリーヌ」

2019/10/08
本日のお品は、一言で言うなら
「あら、これはまたふくよかでおっとりした白ワインですなぁ(*‘∀‘)!!」

「爽やか白」ではなく、「重めの白」をお好みの方は特に特にご注目ください◎


グリニャン・レ・ザデマール・ブラン・
キュヴェ・ロリーヌ2018


lauruine_104314n_1_1.jpg

750ml 2480円(税抜)
白 辛口 13.5%
品種:ヴィオニエ85%ブールブーラン15%
産地:コート・デュ・ローヌ
原産地統制呼称:AOC グリニャ・レ・ザデマール
生産者: ドメーヌ・サン・リュック
備考:葡萄は農薬不使用、皮付きの野生酵母にて自然発酵させた自然派ワイン




フランス南部ローヌ地方よりやってきた
ヴィオニエ主体の辛口フルボディ白ワインです!

(商品名なげぇーーって感じですが、
お求めの際は舌を噛みそうな商品名を全部暗唱して頂かずとも、
「ロリーヌ」または「キュヴェ・ロリーヌ」
この愛称でオッケーです!)


本品に対しては、
「シュワシュワ」
とか
「キリッとシャープな辛口」
とか
「酸が超しっかり」
といった
「ハッキリわかりやすい個性」
を期待すると、ちょいと物足りないかもしれません。

けれど、ヴィオニエ特有の厚みあるボディやコクのある果実味・マイルドな酸は、
飲み飽きせず、飲み手をいつでも優しく受け止めてくれる包容力を感じさせます。
上品で華やかな香りに、フワットロッとした口当たりは、
グラタンや白身魚のチーズソテー、
またホワイトミートのお料理とも好相性◎



そんな本品に対するイメージは

「さまざまな美酒を求めて
個性派や有名ワインをいろいろ飲んできた方が最後に行きつく、本命白」


注:あくまで個人のイメージです。
ワインをいろいろ飲んでない方がいきなり本品を購入されても、まったく問題ありません笑。



「最後に行きつく」という表現は、
「最高峰・最高級の味」ではなく
「飽きの来ない、ずっと飲める味」という意味合いで使っています。
「最高級の味」を期待されてしまうとイメージと違うかもしれませんので、念のため…。

しかしながら、更に念押ししますならば、
本品はけっして「安い味」ではありません( ̄▽ ̄)


輸入元にて長期欠品していたこちらのお品が、
今回120本限定で日本に上陸。
(弊店に120本入荷ではなく、日本全体で120本入荷ですよ!)
次回の日本への入荷は未定となっております。
輸入元さんもイチオシの一本です!


今日は秋晴れの気持ちの良い日ですねぇ。
どうぞ良い午後をお過ごしください。
それではまた次回の更新で~(^O^)/



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★




12:54 フランスのワイン

秋のお酒5 癒し系「能古見 特別純米 ひやおろし」

2019/10/01
本日は、一言で表現するなら「癒し系」な、このお酒のご紹介ですっ!(^o^)丿



能古見 特別純米 ひやおろし(佐賀/馬場酒造場)

nogomi_hiyaoroshi_30_1_1.jpg


720ml 税抜1362円 1800ml税抜2629円
アルコール度数:15度以上16度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
日本酒度:+3
酸度:1.7
原料米:佐賀の華100%使用
精米歩合:58%
備考:一回火入れ(生詰め)


佐賀の地酒「能古見(のごみ)」より、
今年の春に搾ったお酒をひと夏熟成させて
そのまま生詰めしたひやおろしが到着しました。
(加熱処理は貯蔵前の一度のみです)


本品を口にして、しみじみと浮かんできた思いは

「能古見(のごみ)は、一体いつからこんなに癒し系になったのでしょう・・・」

というものなのですが、
私が知らないだけで
前から癒し系だったんですかね?(;´∀`)



「能古見」というともっと太くて濃くて、
甘旨味がしっかり感じられて
香り華やかなイメージがあったのですけれど、
本品は綺麗な飲み口と、
強すぎず弱すぎずの優しい甘旨味。
辛味もマイルドで、
苦味渋味は主張せず、
酸はまろやかに溶け込んだ
尖りのない五味。

どこまでも柔らかく、飲み手をまったく疲れさせない癒し系食中酒。
非常にキレのよい後口も秀逸です。

甘旨味が豊かなタイプをお求めの方には
ちとインパクトに欠けるかもしれませんが、
「優しい甘旨味」
このキーワードに心惹かれる方にはイチオシ!

そして、優しいだけでは終わらない、
熟成による味の奥行きもお楽しみください。


冷酒~常温~ぬる燗 まで対応いたします○



10月に入り、より一層"秋酒"ムードですねぇ。
今月もよろしくお願いいたします(^-^)
それではまた次回の更新で~





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★




16:23 日本酒(佐賀/能古見)
 | HOME |