FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

秋のお酒4 勘弁してくれた辛口師匠「昇龍蓬莱 きもと純吟山田錦60 ひやおろし」

2019/09/24
今回のお品は
「なんか、突然『師匠』なる存在が登場したんですけど!!」
と、胸がザワザワするこのお品です(;´∀`)



昇龍蓬莱 きもと純吟山田錦60 ひやおろし
(神奈川/大矢孝酒造)


shouryuu_karakuchi_hiyaoroshi30_blog.jpg

720ml 税抜1530円 1800ml税抜3050円
アルコール度数:15度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:徳島県産 山田錦100%使用
精米歩合:60%
日本酒度:+12
酸度:1.6


神奈川の地酒「昇竜蓬莱(しょうりゅうほうらい)」より
『辛口師匠、勘弁して下さいよ』シリーズが当店に初入荷いたしましたヾ(o´∀`o)ノ
(商品名には「辛口師匠」とは入っていないのですが、
瓶の肩掛けラベルに「辛口師匠、勘弁して下さいよ」のシリーズ名が記載されております)


このユニークな名称を初めて見たとき、
一瞬頭がついていかず
「え?なに?師匠??」
と思考回路がビビってしまったのですが笑、
お酒のお味そのものはおふざけゼロ!
蔵元の本気を感じる、品質本位のお酒です。


穏やかな香りの、落ち着いた生酛(きもと)純米吟醸。
「香り系は苦手だから吟醸酒はパス」
という方でも、本品ならお口に合う方もいるのでは?

生酛というと、生酛感爆発な個性の強いものもありますが、
本品はそういう個性爆発系ではなく、
「生酛の美味しいニュアンスを取り入れました☆」
という感じの、とっつきやすい生酛です。

チーズなんかでも、
チーズマニアでないと素直に美味しいとは思えないクセの強いものから、
わりとどなたでも受け入れやすいマイルドなタイプまでありますよね?
本品は、例えていうなら後者です。
(どちらが良い悪いの話ではなく、個性の違いとお受け取りください(^o^))

そのようなわけで、いわゆる濃い酒ではないものの、
食中酒としては非常に使い勝手のよいバランス感。
甘味はさほど主張せず、口の中にスルっと入る、
大変キレのよいマイルドな辛口酒。


いまマイルドという表現を使いましたけれど、
そう、ひやおろしということで円熟味・まろやかさがあり、
それらのおかげで、口当たりは柔らかいんです!


「あら、辛口師匠、勘弁してくれたのかしら(‘∀‘)?(意外と優しいのね~ん!)

なんて思っちゃいました笑。


ですので、
「日本酒度+12」というイメージほど
辛くは感じない方もいらっしゃるかもしれません。
けれど、それは見方を変えるなら、
「辛口酒が欲しいんだけど大辛とか超辛と聞くと腰が引けてしまうタイプ」の方でもダイジョーブ!

けっして
「大辛好きのみ対象」
ではなく、
「普通の辛口ぐらいがいいんだけど」
という方まで許容範囲な、懐の深~い『辛口師匠』です


なお、同蔵より
【残草蓬莱(ざるそうほうらい) 特別純米 ひやおろし】
も同時入荷しております!
こちらは爽やかな香りと心地よい酸、まろやかでクリアな飲み口の速醸です。
「よりクセのない方」をお好みの方は
辛口師匠よりこちらの方がお口に合うかもしれません✨
(が、どちらもウマーーーなイイお酒です('∀'人))


以上、神奈川の大矢孝酒造より、ひやおろし2種のご紹介でした(^O^)/
それではまた次回の更新で~
いつも閲覧ありがとうございます



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
17:19 日本酒(神奈川/昇竜蓬莱・残草蓬莱)

秋のお酒3 まろやかさと瑞々しさ「豊潤 特別純米 大分三井 29BY」

2019/09/12
今回のお品は、蔵元曰く
精米歩合50%の純米大吟醸スペックという
ちょいと贅沢な特別純米酒。

区分としてはあくまで特別純米酒ですので
「純米大吟醸のお味そのまま!」
というわけではありませんが、
飲み口の綺麗さは、この磨きの歩合から来ているのかもしれませんね(^.^)b



豊潤 特別純米 大分三井 29BY
(大分/小松酒造場)

001hojyun_hiya_29_1_1.jpg


720ml 税抜1300円 1800ml税抜2600円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
酵母:AK-5酵母
精米歩合:50%
備考:一回火入れ


大分は宇佐の地酒「豊潤」から、
大分県の固有品種である大分三井(おおいたみい)を100%使用した
特別純米ひやおろしが到着しました。

今年出荷されるひやおろしの多くが30BYである中、
本品は1年寝かせた29BY。

一夏熟成ならぬ一年熟成ということで、
その点が味わいにどう出るかなと着目しながら頂いてみますと…


Oh!
これは、例えるなら
「40代だけど肌にうるおいや透明感があるみずみずしい人」
です!

って、よくわかりませんね笑。



熟成感がもっとグワッと出ているかと思いきや、
柔らかくてまろみあるひやおろしらしい「成熟」と、
大分三井の特徴である「みずみずしさ」が非常にうまく融合した
魅力的なテイスト。

「みすみずしい」というのは新酒に対してよく使う表現ですが、
新酒は人間でいえば10代20代にあたる「本当に若い人」です。
本当に若い人(若い酒)なので、
ピチピチはじけるような口当たり、荒々しさ、若々しさ、フレッシュ・・・
こんな「若さいっぱい」の味わいになります。


対する本品は、年齢(熟成)を重ねたことで醸しだされる
落ち着きや柔らかさを備えつつも、
みずみずしさやうるおいもキープした
「透明感ある40代」
こんな例えがよく似合います。

性別は女性で、美魔女というよりは、
笑顔がチャーミングな大人可愛いタイプですかねぇ。
注:お酒の話です笑


甘味もそこそこあり、丸みのある酸でメリハリ。
旨味のノったボディを辛味と苦味で引き締めます。

すごい美酒というタイプのお酒ではないかもしれませんが
(不味いという意味ではありません^^;)
これからの時期に召し上がる普段の食中酒としては
ちょうどいい塩梅の一本です。


常温でみずみずしく、ぬる燗でほっこり。
そんな温度の違いによる香味の変化もお楽しみください(◍•ᴗ•◍)


まだまだ残暑が厳しい九月です。
ご体調にお気をつけて。
それではまた次回の更新で~(*´∀`人 ♪



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
17:04 日本酒(大分/豊潤)

デイリーフルボディワイン「パニック ボタン」

2019/09/06
おひさしぶりのワイン紹介です!

今回のワインは、ひとことで言うなら
「あら、マー、お値打ちね!!」
というものをご用意しました



パニック ボタン2016

panicbutton_1_1.jpg


750ml1490円(税抜)
赤 14.5%
品種:モナストレル70%メルロー30%
産地:スペイン DOイエクラ
生産者:ボデガス・アントニオ・カンデラ



スペイン南東部より到着した
凝縮感と果実味あふれる
デイリーフルボディワインです。

いまフルボディと書きましたが、
輸入元さんの資料では「ミディアムボディ」と記載されていたので、
ここでもミディアムとご紹介するのが正確なのかもしれません。

しかしながら、ボディの分類については明確な基準がなく、
各人の感覚に基づくというのが正直なところです。
要するに、その人がフルボディと感じればフルボディで、
ミディアムボディと感じればミディアムボディくらいの柔軟な捉え方でよいのです。

そのようなわけで、輸入元さんに準じてミディアムと記すか、
自分の舌で感じた感覚に従ってフルボディとご紹介するかしばし迷ったのですが、
まぁ、そういう細かいことはどうでも良くなるくらい
ウマーーーなワインとご紹介させてください\(^o^)/


その中身は、開栓した途端に広がるイー香り!
もう開けただけで芳香にワクワクする本品は、
いざ召し上がったら、税抜1490円というお値段以上のお味です。

ボリュームは充分ながらアタックは柔らかく、
酸も渋味もとろけるように溶け込んだ
日本人好みの親しみやすいテイスト。
キメ細かい舌ざわりにうっとり。


ワイン好きが集まる場で開ければ、

「なにこれスゴイ!!」

と場がいっぺんに盛り上がりそうな、
そんなポテンシャルを秘めた一本です



ワインパーティーで人気者になるには
すんごい高級ワインを持っていくというのも、ひとつの手。

ですが、もうすこしお手軽に人気者になりたい方は、
ぜひ本品をチョイスしましょう笑



キャップは、オープナー不要の手で回して開栓できるスクリューキャップを使用しています。


それではまた次回の更新で~





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
14:54 スペインのワイン

秋のお酒2「獅子の里 秋あがり超辛純米酒(原酒)」~鬼も踊るくらい旨し

2019/09/01
秋のお酒第2弾は、辛口好きさんご注目~なこのお酒ヾ(o´∀`o)ノ



獅子の里 秋あがり超辛純米酒(石川/松浦酒造)

shishisato_choukara_oni_1_1.jpg

720ml 税抜1680円 1800ml税抜3150円
原料米:糀…雄町(岡山県産)掛…石川門(石川県産)
精米歩合:65%
日本酒度:+9
酸度:1.9
アミノ酸度:1.3
アルコール度数:18度
使用酵母:熊本酵母(熊本県酒造研究所)
◆瓶燗一回火入れ◆



石川の地酒「獅子の里」より、
日本酒度+9の超辛純米秋あがりが到着しました。


このラベル、私の目には
鬼がダンスしているように見えたのですが、
蔵元 松浦酒造さんのホームページを拝見すると、
どうもそうではないようです

「鬼を退治するくらい辛い酒」
という逸話から鬼のモチーフを採用したとのことで、
けっして
「鬼が踊ってしまうくらい美味しいお酒」
ではないそうです(;´∀`)


でも、いざ召し上がったら

「いや、これ、『鬼が踊るくらい美味しいお酒』という解釈でも
あながち間違っていないんじゃないか」

と賛同してくださる方が
少なからずいらっしゃるのではないかと信じて、
この(公式見解ではない)鬼ダンス説を
あえて記載いたします笑。



さて、肝心のお味のほうはと言いますと、
夏越しの熟成による優しい味わいと熟成香。

ただひたすら辛味だけを追求した超辛ではなく、
「獅子の里」らしく香味バランスも備えた超辛酒です。

秋酒らしい「優しさやまろみ」と、
辛口酒らしい「クリアでドライな香味」という
一見相反するような個性が組み合わさった、
なんとも魅惑的な一本に仕上がりました。
力強いキレ味にもご注目(ご注舌?)ください


「獅子の里」というと
北陸日本海側のお酒ということで
魚介をオススメすることが多いのですが、
本品は原酒の厚み&しっかりとした酸と辛さで、
お肉料理にもイケちゃいます!


18度の原酒ゆえ平均以上の"濃さ"はありますので、
大辛好き・原酒OKな方に特に特にオススメです◎


今回もご閲覧誠にありがとうございました('∀'人)
どうぞ今月もよろしくお願いいたします(*^∀^)人(^∀^*)
ではまた次回の更新で!





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★





14:48 日本酒(石川/獅子の里)
 | HOME |