FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

小江戸鏡山酒造さんに行ってきました

2015/04/28
埼玉川越の復活蔵、小江戸鏡山酒造さんに行ってきました。

蔵の名前に「小江戸」とついているように、元々城下町として大変栄えた地域に小江戸鏡山酒造さんはあります。
今も歴史のある街並みを残した観光地として年間600万人以上の人が来るそうです。
DSC_0300.jpg

DSC_0301.jpg

残念ながら生憎の雨でした。
晴れていたらもっとゆっくり見たいところでした。


小江戸鏡山酒造さんはこのメイン通りから一つ中に入った通りにあります。
元々は別の場所に蔵があったのですが、再開する際に現在の場所に移ったそうです。
蔵には小売店もあり、その外観がこちらです。
DSC_0305.jpg

建物も新しく建てられた蔵なので綺麗な建物です。

しかしよく見ると醤油の文字もちらほら・・・。
実は再開するに当たって良い水の使える場所を探していたところ、醤油蔵さんが敷地を提供してくれたという経緯があるそうです。
そのため蔵のすぐ隣では当然醤油を造っており、醤油蔵と一体になっている様な見た目でした。
もちろん菌の関係から建物は完全に独立しており、管理も気を使っておりました。
他にもガラス工房などもあり、蔵見学もしてるようですので近くに行かれたらフラリと寄って楽しい蔵だと思います。


今回蔵を案内して頂いたのは営業部長の五十嵐昭洋さんです。
DSC_0328.jpg

新しく再開した蔵のため蔵人さん達も若く、平均年齢は30代前半とのことです。
蔵全体に若い活気があふれる様に感じ、五十嵐さんも気さくにお話をしてくださいました。

そして蔵自体は非常にコンパクトにまとまっています。
右手に倉庫や麹室などがありもう少し広いですが、これが蔵のほぼ全景です。
広さ的には弊店の店舗の二倍くらいでしょうか?
DSC_0322.jpg
「ウチより小さい蔵とか無いんじゃないですか(笑)」とは五十嵐さんのお言葉

タンクは何と小仕込みのタンクが6本のみ、これで全部だそうです。
DSC_0317.jpg


そんな環境のため一度の仕込で造れる量は少なくなってしまうそうです。
全体の生産量としては400石程だそうですが、何度も仕込むことになるため9月頃から6月くらいまで酒造りをするそうです。
お伺いしたのは4月の中頃でしたが、この日も仕込みをしていました。
DSC_0307.jpg

ちょうど米が蒸しあがったタイミングでした。
放冷気という機械でお米を冷ます作業です。
この日仕込んでいたのは40%の山田錦純米大吟醸とのことでした。

一度に仕込む量が少なく長期間の造りとなりますが、代わりに一つ一つの造りを丁寧に見れるというメリットもあります。
特に小江戸鏡山酒造さんの仕込みの量は他の酒蔵と比べても大変少ない量です。
純米大吟醸などの一部の特別な酒でしかやらないような仕込み量で全てのお酒を造っています。
全てのお酒をここまで手をかけて造る蔵はまず無いと思います。
また「彩のみのり」、「さけ武蔵」など地元の米を積極的に使い川越ならではの、そして自分たちならではの酒を造りたいという思いも強くありました。


観光地にあり、行って楽しい見て楽しい蔵でもあります。
しかしそれだけではなくしっかりと酒を造る若い情熱を感じる蔵でもありました。
川越に行かれる時がありましたら是非立ち寄ってみられるのをオススメします。

最後になりましたがお忙しい中お時間割いて頂いた五十嵐様、蔵の皆様ありがとうございました。
19:54 蔵元訪問記

「大観 美山錦 純米酒 無濾過生原酒」入荷です☆

2015/04/27
先日森島酒造 蔵元訪問記をUPした
茨城の酒「大観(たいかん)」より初入荷のアイテムです☆

大観 美山錦 純米酒 無濾過生原酒(茨城/森島酒造)

taikan_jyunami_miyama2015_1_1.jpg


720ml 税込1266円 1800ml税込 2530円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:美山錦100%
日本酒度:+3
酸度:1.7
精米歩合:65%


良質な地酒の蔵元さんはきっとどなたもそうだと思うのですが・・・
蔵訪問を通じて、こちらの蔵からも酒造りに対する真摯な姿勢が伝わってきました(*^^*)
そんな森島酒造さんの醸すお酒は、
造り手の"お酒への姿勢"がよーーく反映された
実直・真面目な確かな品質!
当店でも人気急上昇中の「大観」です

本日のご紹介は美山錦を使用した純米無濾過生原酒。
新酒のフレッシュさのなかに、美山錦の優しい旨味。
愛らしい酸と豊かな味わいを楽しんだあとは、
クリアーにキレていきます。香りは控えめ。
日本酒度+3とスペックだけ見れば辛口酒ですが、
甘味もあり、シャープな辛口一直線ではありません。
旨さもあり、ボディもふくよかです。

冷酒~お燗まで幅広く対応します

お料理は、煮魚やすき焼き・ヤキトリ(タレ)といった【甘辛味】のものが特に好相性。
あっさりしたお料理よりは肉や魚介を使った【旨味のあるお料理】、
薄味よりは【濃い目の味付け】。
こんなイメージで選んでみると本品と合わせやすくオススメです☆

25,26日に拍手を頂きました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

17:02 日本酒(茨城/森嶋(旧:大観))

森島酒造さんに行ってきました

2015/04/25
入荷直後から大好評を頂いてます茨城県日立市の酒「大観」の蔵元、森島酒造さんに行ってきました。

森島酒造さんは歩いて30秒もすれば太平洋に出るくらい海のそばに蔵があり、住宅が立ち並ぶ中に蔵があります。
元々水が良く、米がよく取れる地域であったのが森島酒造さんが出来た経緯だそうです。
DSC_0277.jpg


今回蔵をご案内頂いたのは専務で杜氏である森嶋正一郎さんです。
DSC_0285.jpg


9年ほど前の31歳の時に南部杜氏の資格を取得されたそうです。
どうすれば良い酒が出来るか、手に取って美味しいと思ってもらえる酒が出来るか、そのことを非常に考えられている姿勢が強く感じられる方でした。
森嶋専務が酒造りの世界に入られた時、酒類の小売り免許が緩和され様々な所で酒が売られるようになっていた時期で商品も問屋経由で出していたそうです。
そのままの酒造りでは価格競争に巻き込まれ、蔵を続けていけるかという不安があった中で品質の良い酒を造る方向に舵を取り現在の大観というお酒が出来あがったそうです。


品質の良い酒というのは
1、その酒の品質
2、ラベル等の見た目
3、価格
4、蔵の姿勢

この4点が優れている酒だと考えておられ、お話を伺う中で非常に納得出来るものでした。
特に4番の蔵の姿勢というものは強く感じられ、大分で上手く販売できているか、お客様からの反応はどうかといった商品としての出来をより高めたいという思い、より良い酒を造るための積極的な蔵の設備投資など、良い酒を造りたいという強い気持ちがひしひしと感じられました。


2011年の震災で浸水こそ大きな被害は無かったそうですが、戦後すぐに建てられたという建物は大きな被害があったそうです。
DSC_0275.jpg

角の緑色の鉄骨は補強のために建物の内と外から取り付けられているもので、壁の白くなっている所は全てヒビが入り補強した個所だそうです。
この他にも蔵の至る所で補強や立て直した個所などが見られました。


震災のあった頃は良い酒を造るために蔵としても大きく動きたい頃であったそうです。
震災で大きな被害も出ているのに酒造りなどして良いのか、また良い酒をつくるための設備投資をしたいのに建物の修繕に資金を使わざるを得ないなどの葛藤や苦悩もあったそうです。

しかしそんなご苦労の中、今年の造りの前には麹室や酒の搾りの機械を新しくされるなど良い酒を造るために大きく手を入れられておりました。
その甲斐もあってか地元の以前よりお付き合いのある酒屋さんに昨年の酒より今年の酒は更に良くなったとお褒めの言葉も頂けていたそうです。

新しくなった麹室
DSC_0270.jpg
熱膨張に強いベニヤ板を貼り、断熱性に優れた造りの室だそうです。


新しくなった搾り機
DSC_0265.jpg
なんとこの搾り機がある部屋全体が冷蔵庫になっており、冷蔵の環境で搾りが出来るという凄い設備です。
正直ここまで設備はなかなか見たことが無いです。


手に取って美味しく飲んでもらえる良い酒を造るために、まさに今も手を尽くしている。
そんな思いを強く感じる蔵訪問でした。
来年、再来年はまたより凄い酒を造ってくれるのではという期待を強く持たざるを得ないです。

最後になりましたがお忙しい中お時間を割いて頂きました森嶋専務ありがとうございました。
19:26 蔵元訪問記 | コメント(0)

発酵の限界22度超え「玉川 自然仕込 雑酒(山廃)白ラベル 無濾過生原酒」入荷

2015/04/19
またまた京都の地酒「玉川」から、新着アイテムのご紹介でーす\(^-^)/
今回のお品はこれまた異色!
造りは日本酒ですが、酒税法上は「日本酒」ではありません!
日本酒にして日本酒にあらず。
それはいったい何者か??
答えは本文にて

玉川 自然仕込 
雑酒(山廃)白ラベル 無濾過生原酒

(京都/木下酒造)

tamagawa_zasshu2015.jpg

720ml 税込1620円 1800ml税込3240円
アルコール度数:22度(玉川最高記録!!)
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:北錦100%
日本酒度:+21
酸度:3.1
アミノ酸度:3.3
精米歩合:66%


蔵元の酒造りに対する意欲的な姿勢が
バリエーション豊富な商品ラインナップからも垣間見える「玉川」。
そんな「玉川」の中でも、特にチャレンジ精神旺盛なのが
今回ご紹介の「自然仕込 白ラベル」ではないでしょうか

この白ラベルは、蔵に住み着く天然酵母の
『発酵力の限界』
に挑戦するお酒として毎年人気を頂戴しております。

例年20度超えは当たり前の圧倒的なアルコール度数を誇る商品ですが、
なんとこのたび、これまでの蔵元最高記録21.8%を更新。
アルコール度数22%に到達したお酒が誕生しました!!
醸造学の通説では、18度を超えたあたりから酵母は死滅し始めると言われていますので、
これは驚異的な数値と言わざるを得ません。

酒税法の規定上「22度以上」のお酒は清酒表示が出来ず「雑酒」扱いとなるため、
本品に関しましては商品名も「純米酒」から「雑酒」へと変更になります。
また、雑酒は酒税額も清酒より大幅に上昇し、
重ねて雑酒用新ラベル作成の経費を蔵元の社内努力のみではまかないきれず、
これまでの「白ラベル(純米酒)」よりも若干の値上がりをいたしますことをご了承ください。

しかしながら、発酵の限界を超えたこの22度!
醸造学の常識から考えても、極めて珍しい商品です。
蔵元ではもろみ加水による度数調整も考えたそうですが、
このような機会に恵まれることは今後も滅多にないという判断から、
このたび「アルコール度数22% 雑酒」としての販売が決まりました。

さて、その限界超えの真価はいかに?
これが意外や意外、アルコールがドカンとキツく辛く攻めてくるのかと思いきや、
まろやかで丸みを帯びたファーストタッチ。
あら、もっと粗野な暴れん坊かと思ったら、意外と紳士的なんですねぇ~
甘・旨・酸をはじめとする酒の五味にコクと厚みもたっぷり備えて、貫禄充分。
もちろん、高度数のエネルギッシュさはあれど、
温泉のようなじんわりとした口当たりは
「滋味」という表現さえ浮かんでくるほどです。

お燗はもちろん、ロックや冷酒もOKと幅広く楽しめま~す
なお、入荷数は多くありませんので、ご希望の方はどうぞお早目にm(_ _ )m

さて、ロックといえば、
「玉川」の春夏の代名詞 
ロックで楽しむ日本酒
「玉川 純米吟醸アイスブレーカー」は、
5月の入荷となります。
詳細はまた後日告知しますね~!

気温も上がり、
「アイスブレーカーはまだ?」
というお問い合わせも頂くようになりましたので
取り急ぎのおしらせでした

いつも閲覧誠にありがとうございます☆
いま大分でもっとも熱い注目スポット
オープンほやほやの大分駅ビルにお越し際は、
おとなりの古国府(ふるごう)駅までちょいと足を伸ばして、
笠木酒店にもいらしてくださいね~

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
17:25 日本酒(京都/玉川)

無農薬栽培!「玉川 純米吟醸コウノトリラベル 無濾過生原酒」入荷しました

2015/04/18
4月もどしどし新酒到着しておりま~す
今回はおなじみ京都の「玉川」から
名前もめでたいこの商品のご紹介です☆

玉川 純米吟醸
コウノトリラベル 無濾過生原酒

(京都/木下酒造)

tamagawa_kounotori_murokanama_1_1.jpg


720ml 税込2203円 1800ml税込4406円
アルコール度数:18度以上19度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:五百万石100%使用
精米歩合:60%


「玉川」というと商品バリエーションの幅広さが魅力のひとつなのですが、
本品もそんな「幅広いバリエーション」の一端を担うアイテム!

無農薬・有機栽培で育まれた五百万石を100%使用。
地球と人に優しい日本酒です
そして、「コウノトリラベル」の名前の由来もここにあり!

本品の原料米の産地・兵庫県豊岡市は、
国の天然記念物 コウノトリの生息地でもあります。
そのコウノトリの自然の餌場の確保を目的とした
「コウノトリ育む農法(無農薬・有機農法)」の田んぼで育てられたお米で
この「コウノトリラベル」は仕込まれているのです。
また、本品の売り上げの一部は、豊岡市のコウノトリ基金に寄付されています。
このように、本品はコウノトリの自然回帰とリンクした商品なのです

さて、肝心の中身はどうかといいますと、
あら、これは「玉川」にしては
<ちょい華やか・愛らし系>
と言えるのではないでしょうか

リンゴやメロンのようなフルーティーな香りに、キュッとした酸。
やさしい甘さがほんのり愛らしいイメージを添えています。
厚み・コク・辛味・苦味・渋味も備えて、
口の中でふくらむじんわりとした味わいをお楽しみください。

そして、ラベルにもご注目~
いつもの「玉川」と違って、コウノトリさんが描かれていますよね?
しかしながら、その背中には、赤ちゃんではなくおなじみ「玉川」のロゴを乗せているのです(笑)。
こんな遊び心も楽しい「玉川」の新着アイテムです☆

なお、コウノトリシリーズからは
「玉川 自然仕込 きもと純米酒 コウノトリラベル 無濾過生原酒」
も入荷していまーす(^O^)/

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
16:01 日本酒(京都/玉川)

もっちりトロン果実味豊かな「モントナール ルガーナ'13」入荷です

2015/04/16
またまた白ワインのご紹介です。
今回もぜひぜひ、ワイン好きのみなさん、熱くご注目ください!!
そんな品質自慢のお品です
今回のご紹介は、イタリアからやってきた”ぽってりふくよかタイプ”の一本です

モントーナル ルガーナ'13

montunal_lugana_blog2013.jpg

750ml 2430(税込)
白 辛口 
アルコール度数:13.0%
品種:トゥルビアーナ100%
産地:イタリア DOCルガーナ
生産者:アジェンダ・アグリコーラ・モントナーレ


前回同様これまたあまり聞きなれない品種、
イタリアの土着品種トゥルビアーナ(トレッビアーノ・ディ・ルガーナ)100%の辛口白ワインです。

産地はイタリア北西部、スイス国境にあるロンバルディア州。
ミラノを州都とし、景観はアルプス山脈のほか、ガルダ湖など多くの湖にも恵まれています。
本品はそのイタリア最大の湖・ガルダ湖そば、
湖畔から真南の土地”ルガーナ”で生産されたお品です。

そんな風光明媚な地で生まれた本品は、とにかくお味は抜群!素晴らしいです!!
もっちりトロンとした厚みある舌触り。
豊かな果実味。
やわらかな甘さと優しい酸でとってもピュアな味わいなのに、
舌を包み込むような丸みを帯びたグラマラスなボディーは、
どこか官能的な印象も与えてくれます。

ぶどうはすべて自然農法による栽培。
醸造に関してはスキンコンタクトなし・低温自然発酵・ステンレスタンク使用。
更には、オリとともに6ヶ月間毎週攪拌しながら熟成を行います。

こんな生産者のこだわりが、
ふんわりとした優しい味わいとふわふわの毛布のような厚みを備えた
素晴らしいワインを生み出しました

お料理はですね、
ロンバルディア名産のクリームやチーズをたっぷり使ったパスタ&リゾット。
クリーミーなグラタン。
お魚なら白身のお魚。
そうそう、この地はハムやソーセージといったお肉も美味しいんです!
プリッとしたソーセージや上質な生ハムとも、きっとよく合いますよ~

これは、舌の肥えた方にこそぜひ召し上がっていただきたい。
そんな自信の一本で~す!

「マイナー品種だからって素通りしないで」
そんな風に声を大にしてアピールしたい掘り出し物です

15日に1件の拍手を頂きました
ありがとうございます



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
12:20 イタリアのワイン

ルルドの泉近郊から「グラン・ラルジュ」入荷です

2015/04/11
お久しぶりのワイン紹介です☆
昨日まで大分市も肌寒かったのですが、
ようやく日の光が戻ってきたこれからの季節は、
冷やして美味しい白ワインの出番です

本日のお品は産地や品種こそちょいと聞きなれませんが、
こういうときこそぜひ中身で勝負させてください!!
そんな品質自慢のお品です


ジュランソン・セック グラン・ラルジュ'13

grand_jyurancon_blog.jpg

750ml 2128円(税込)
白 辛口 
アルコール度数:12.5%
品種:グロマンサン100%
産地:AOC ジュランソン
生産者:カーヴ・ド・ガン・ジュランソン


本品の産地はフランス南西地方のジュランソン。
耳慣れない方も多いかもしれませんね。
ここはフランスとスペインの国境 ピレネー山脈の麓にある小さな町。
あの聖母マリアが告げた奇跡の水で知られるルルドの泉近郊の町です。

ピレネー山脈・ルルドの泉・聖母マリアと聞いたら、
なんとな~く清らかなイメージが湧いてくると思うのですが、
はい、そんな地で生まれた本品も、
柑橘のアロマに満ちた清楚な辛口白ワインに仕上がっています
フランス南西地方の土着品種グロマンサン100%使用。
フルーティーな芳香とフレッシュな口当たりに、綺麗な酸。
軽快で爽やかな飲み口は、やや低めの温度帯(8~10度)がオススメです。

あわせるお料理は魚介、それも贅沢が言えるなら上品な甘鯛あたりでいかがでしょう!
甘鯛なんてそんな簡単に手に入らない?
ならば、少なくともここは白身のお魚でいきましょう(^O^)/
和食ならてんぷら(塩やレモンで)、お肉なら豚しゃぶ、
そうそう!今の時期なら香味豊かでみずみずしい春野菜と合わせるのも美味しそうですね

色の濃いお料理(ブラウンソース・ビーフステーキ・ウナギ・照り焼き等)よりも、
「食材の色味をいかした繊細なお料理」
こんなイメージでマッチングするのがポイント。
味付けは「塩」や「酸味(レモン・ビネガー等)」が好相性ですよ~

4.6日に拍手をいただきました
ありがとうございます



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
13:26 フランスのワイン

「都美人 山廃純米 無濾過生原酒(茶ラベル)」入荷しました

2015/04/03
4月を迎え各蔵いよいよ今期の造りも終盤戦。
でも、まだまだ新着入ってます
今回のご紹介は、五百万石を使用した山廃純米。
でも、この蔵が作ると、おなじみの五百万石もこんな表情を見せてくれます

都美人 山廃純米 無濾過生原酒(茶ラベル)
(兵庫/都美人酒造)

miyakobijin_cha_blog.jpg

720ml 税込1404円 1800ml税込2700円
アルコール度数:18度以上19度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
日本酒度:+4.7
酸度:2.7
使用酵母:きょうかい9号
原料米:酒母・麹米 五百万石(兵庫県産),掛米 五百万石(兵庫県産)
酒母:山廃仕込
精米歩合:65%


先日ご紹介した「都美人 山廃純米 茶ラベル」の無濾過生原酒バージョンです。
この「都美人」は山廃中心の銘柄ですが、
山廃でありながら冷酒もOKの綺麗系というのが特徴です。
もちろんお燗もOKですよ~\(^-^)/

さて、本日ご紹介のこのお品。
人気の酒米五百万石を100%使用しました。
五百万石の酒は比較的スッキリ系に仕上がるのですが
本品に関しましては、五百万石は五百万石でも
「コクのある五百万石」
に仕上がっています

その一方で、五百万石お得意のフルーティーさも持ち合わせており、
いうなれば
「都美人テイストの五百万石」
が楽しめる一本です(*^o^*)

柔らかい口当たりの甘旨味。
少しメロンを思わせるジューシー&フルーティーな香味。
全体的に丸味を帯びた優しいボディですが、
後味は苦味渋味が引き締め、しっかりキレていきます。

「都美人」らしさがよく現れた
都美人デビューにもオススメのアイテムで~す

笠木酒店は日曜祝日も営業しています。
休日のおでかけがてらに、是非お立ち寄りください(*^o^*)
どうぞ今週末もご来店お待ちしておりま~す


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
16:44 日本酒(兵庫/都美人)

「秀鳳 特別純米 雄町 無濾過生原酒」入荷しました

2015/04/01
前回の更新時にはまだ桜は開花していなかったのですが・・・
なんとあっという間に桜の季節ですね!
そんな桜前線とともに届いたのは、お久しぶりのこの銘柄

秀鳳 特別純米 雄町 無濾過生原酒 中汲み
(山形/秀鳳酒造場)

IMG_2720_convert_20111121160103.jpg

720ml 税込1512円 1800ml税込3024円
アルコール度数:17度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:雄町100%
日本酒度:±0
酸度:1.2
精米歩合:55%
酵母:山形酵母


この「秀鳳(しゅうほう)」、定期的に新着アイテムはあったのですが、
webでご紹介するのは久々ですね。
秀鳳ファンのみなさま、大変おまたせいたしましたm(_ _ )m

蔵元は山形県山形市、蔵王連山の麓に位置する秀鳳酒造。
水道水ですら蔵王の伏流水系という、大変水に恵まれた土地柄です。

さて、本日のご紹介は秀鳳のなかでも特に高評価の
「特別純米 雄町 無濾過生原酒 中汲み」です\(^-^)/

人気の酒米雄町を55%まで磨き山形酵母で醸しました。
この山形酵母の特性が生きて、
香りは華やかに酸はマイルドに仕上がっています。
雄町らしいふくよかなボディーと豊かな甘味旨味。
そしてクリアな口当たりが特徴です。

その安定した品質に、当店のお客様方からも
入荷を心待ちにされているお声を頂いていました
はい、おまたせしました~☆
「秀鳳」の中汲み雄町、今年も到着です

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
19:08 日本酒(山形/秀鳳)
 | HOME |