FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

都美人酒造さんに行ってきました

2015/01/31
兵庫県の淡路島にある都美人酒造さんに訪問してきました。

淡路島は電車が走っていないので、バスで向かいました。
蔵元最寄りのバス停を降りてすぐ目に入ってきたのは
DSC_0162.jpg
都美人の名前入りのベンチでした。
地元の酒という感じです。


蔵元にお迎えを頂いて、淡路島の話を聞かせてもらいながら蔵元に向かいましたが
タマネギ
玉ねぎ!

タマネギ2
玉ねぎ!!

レタス
レタスも結構ありました。
淡路島は平野が広がり二毛作三毛作が盛んという事で、今の時期は名産の玉ねぎ畑が広がっていました。


そんな玉ねぎ(とレタス)畑が広がっている中を少し走った先に都美人酒造さんはありました。(この看板、実は瓦で出来ているそうです)
看板


蔵では杜氏の山内邦弘さんが案内してくれました。
右の爽やかな人ですよ。
杜氏


農口尚彦杜氏という酒造りの世界では伝説的な人の下で修業を積んだ能登杜氏の方です。
都美人酒造には7年ほど前に先代の杜氏が引退された後に代わって入ってこられたそうです。
「しっかりと山廃造りを出来る杜氏を」という蔵元の求めに応える酒造りをされています。
「酒造りはまず酒母造りが肝」とおっしゃられ、そのための麹造りには特に並々ならぬこだわりが見られました。

麹室
一見、冷蔵コンテナ倉庫?と思わせて実は麹室です。
なんと麹の状態に合わせて三段階に部屋を変える、五部屋に分かれた麹室だそうです。

麹室3
中に入るとこのような部屋になっており、奥に見える扉で隣の部屋と行き来できるようになっています。
他にも様々な工夫を施されたこの麹室は、地元の様々な業者さん等と話し合って作り上げたオーダーメイドだそうです。


また都美人の大きな特徴がこちらの搾り機、天秤搾りです。
天秤しぼり

奥に見える茶色い槽に酒袋に入った醪を並べて、その上に搾るための重石を被せます。
そして上にある天秤棒に重りを吊って、テコの原理で搾るという大掛かりな搾りです。

天秤しぼり2
天秤棒は横から見るとこんなでっかい丸太です。
1000キロ程にもなる重りを吊るそうですので、天秤棒はこんな立派な丸太になるようです。
非常に手間暇かかる搾りなので搾る時期も決まっており、残念ながら伺った時には実際搾る所は見られませんでしたが、
この搾り機自体だけでも見る価値有りというくらいのものでした。

一通り蔵を見学させて頂いた後は都美人の久田浩嗣社長を交え色々とお話を頂きました。
蔵の成り立ちや蔵を取り囲む淡路島の環境、はたまたちょっとした裏話等々。
大変貴重なお話を頂きありがとうございました。
社長

お忙しい中ご対応をしてくださった都美人酒造の皆様、大変お世話になりました。
ご来店頂いたお客様に今回の蔵訪問のお話をさせて頂きたいと思います。
この記事をご覧の皆様も、是非ご来店頂いて「都美人の話を聞かせて!」とおっしゃってください。
蔵を見たならではの面白いお話が出来ると思います。
お待ちいたしております。
19:14 蔵元訪問記

食中酒で本領発揮!「獅子の里 超辛純米酒」ご紹介です

2015/01/27
今回ご紹介のお酒は、一見
「んん?こいつは大したことないんじゃない?」
と思ってしまいそうなのですが・・・
いえいえ、実はココがスゴいんです!!
そんなお品のご紹介です

獅子の里 超辛純米酒(石川/松浦酒造)

shishi_oni.jpg
んん?節分の鬼??

・・・ではなく(笑)、

shishinosato_choukarajyunmai_15_1_1.jpg
「超辛 純米酒」のラベルでーす\(^_^)/

720ml 税込1498円 1800ml税込2948円
アルコール度数:15度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:65%


先日ご紹介の「純米吟醸 生酒 無垢」に続き
またまた「獅子の里」からのご紹介です。

こちらは、「無垢」とは異なり火入れの純米酒。
ハッキリ言って、「無垢」のあとにこちらを召し上がると
そのイメージのギャップに驚きます(笑)。

「あら、無垢はあんなに優れたお酒だったのに、
おたくはなんだかおとなしいわねぇ~」

みたいな・・・。
誤解のないように申し上げますが、決して「不味い酒」ではありません

でも、ツマミもなくまずこれ単体で飲むと、とにもかくにもおとなしい。
口当たりは軟水のように柔らかく、非常にスムーズ。
刺さるところのないタッチで入ってきます。
味わいのバランスはすべてが強すぎず・弱すぎずの中庸のレベルでまとまり、
キレもよく、これといって欠点はありません。

けれど、
「ここがスゴイのよ!!」
というハデなアピールもないため、
「最初の一口で感動を得られるタイプのお酒」ではないのです。

お酒って、確かに最初の一口で感動する素晴らしいものもあります。
しかしながら、お酒の魅力というのはそれだけではありません

この「超辛 純米酒」は、
決して最初の一口で感動させるのではなく(感動する方もいるかもしれませんが・・)
食事とあわせて本領発揮!
そんな食中酒らしい食中酒なのです\(^-^)/

すべてが中庸のレベルでまとまった柔らかな味わいは、
決して食事の邪魔をしません。
個性の強い酒や薫り高い酒だと
酒が存在をアピールするので、
場合によっては
「料理に対して酒のほうが強いね」
こう感じることもままあります。
それが悪いというわけではありません。
その場合は、そのお酒と相性バッチリのお料理を用意すればいいだけのことですから

そういったケースと比べると、
本品はどんな料理を前にしても決して主張せず、
お料理の味を邪魔することなく、
ただただ食中酒としての役割をまっとうする
「生粋の食中酒」なのです

もし、本品が「品質の劣る酒」だったら、
きっとお料理とあわせたときには
悪い意味で存在をアピールしてくるのでしょうけれど、
この酒にはそのマイナスアピールもありません。
このことこそが「本品が決して劣った酒ではない」ことの証明です

最初は
「な~んかおとなしいヤツだなぁ」
と思いながら、食事とあわせたり、燗酒にしたりしてなんとなく付き合っているんですけれど、
日を追うごとに、料理とあわせるごとに、だんだんとその良さがわかってくる――
そんな"じわじわ"タイプの一本です

ですから、最初の一口で
「なんか大したことないやつ」
と判断せず、お料理とあわせて日々召し上がってみてください。
付き合いを深めるうちに、きっと良さが伝わってきますよ

お料理を邪魔しない「超辛 純米酒」ですが、
あえて言うなら「塩を添えた天ぷら」や「薄味の野菜の煮付け」、
こんなシンプルな味わいのお料理が特に特に好相性で~す

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★


13:39 日本酒(石川/獅子の里) | トラックバック(0)

「杉勇 純米酒 しぼりたて生原酒美山錦」入荷しました

2015/01/26
今更ですが、年も明けて1月!冬まっさかりですね~
春も夏も秋も日本酒はあるけれど、
しぼりたての新酒が出回るこのシーズンは、
日本酒がよりいっそう映える季節のような気がしません?
今日は「冬の味覚、海の幸」こういったものと特に好相性な
こちらのお酒のご紹介で~す

杉勇 純米酒 しぼりたて生原酒美山錦(山形/杉勇蕨岡酒造場)

sugiisami_miyamanisiki_siboritate_bl.jpg

720ml 税込1423円 1800ml税込 2712円
アルコール度数:18度以上19度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:山形県産 美山錦
日本酒度:+2
酸度:1.8
アミノ酸度:1.3
酵母:山形酵母
精米歩合:60%


「決してハデで目立つお酒ではないけれど、
その誠実な味わいにいつまでもお付き合いしていきたい」

そんな真面目な実力派、おなじみ山形のお酒「杉勇」からの一本です
実際、「杉勇」のファンの方たちは根強く、そして熱烈です。

それはなぜかって?
このお酒には、ドカンとインパクトのある強い個性や、
「アタシ美人でしょ~!!」と言わんばかりの香り高い華やかさはないけれど、
味のバランスに優れた確かな品質が、
酒好きさんたちの心をググッとつかんでしまうのでしょう

本日はその「杉勇」より、「しぼりたて生原酒美山錦」のご紹介です

本品を"無難に"ご紹介するとなると

「美山錦の柔らかな甘味に豊かな味わい。
生原酒の活き活きとした香味。
杉勇らしい飽きの来ないフレッシュな食中酒です」

こんな感じになるんですけれど、
特筆すべきは、「キレのよさ」!!
本品の真骨頂は「キレのよさ」だとまで言い切りたいです

もし、このお酒がペラッペラにうす~いものでしたら、このキレについても
「まぁ味が薄いしね」
で済ませちゃいそうになるんですけれど、
こちらは純米生原酒!度数は18~19度!
これだけしっかりした味わいで、なおかつ潔いまでにスッキリとキレていくのです。
あら!このキレのよさはちょっとスゴいわ!!

「味わいを持たせつつもキレのよい酒」
という謳い文句のお酒はこの世にあまたありますが、
「味わいとキレ」の両立度という点では
こちらはかなりの高得点◎
キレに限らず、全体的な品質の高さも相変わらずの安定感で~す(*^o^*)

この「杉勇」は、山形は日本海側、遊佐町の酒。
そんな立地も影響しているのでしょうか?
「冬の海の幸」がとーーってもお似合いの一本です
寒い日はぜひお燗でも楽しんでくださいね

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
12:31 日本酒(山形/杉勇)

「獅子の里 純米吟醸無垢 生酒」ご紹介です

2015/01/23
今回はブログ初登場のこの銘柄のご紹介で~す

獅子の里 純米吟醸 無垢(むく) 生酒(石川/松浦酒造)

shishi_no_sato_muku15_1_1.jpg

720ml 税込1975円 1800ml税込3945 円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:八反錦
精米歩合:60%


昨シーズンより当店でお取り扱いはじまりました「獅子の里」からの一本です\(^-^)/

石川は加賀の山中温泉よりやってきましたこのお酒。
蔵元はこの地で1772年より酒造りを行ってきた松浦酒造。
現在は、14代目にして創業以来初の身内杜氏となる
松浦文昭氏を筆頭に少人数で酒造りを行っています。
目指す酒は「体にやさしく、味に立体感のある酒質」と仰る松浦杜氏。
あら、なかなか文学的な表現をされる方ですねぇ・・・
(「味に立体感」というあたりが、そんな感じしません??)

そんな杜氏の感性が酒造りにも活かされているのでしょうか。
この蔵のお酒からは、「繊細さ」や「洗練」といった印象が伝わってまいります。

さて、本日のご紹介は「獅子の里」より「純米吟醸 無垢 生酒」です
ファーストタッチからやわらかく、
優しい味が広がります。
ふくよかな甘みと、キュッと引き締める酸にキレ。
16度と度数は控えめながら、味の要素がギュッと詰まって
満足感ある一本に仕上がっています(*^o^*)

冷酒はもちろん、ぬる燗もオススメ
あわせるお料理も、この繊細でやさしい「無垢」に合わせて、
お魚の塩焼きや蒸し物といった
シンプル・優しい系なんていかがでしょう
そのほか冬の海の幸とも好相性です

お酒には「初心者向け」「上級者向け」なんて表現もありますけれど、
こちらのイメージは「万人向け」

日本酒をあまり飲んだことないという方から
日本酒大好き!色々飲んできたよ!という方にまで
幅広くオススメ~の一本で~す(^0^)
実際にお召し上がり頂いたお客様方からも
早速の高評価頂いていま~す
どうぞお見知りおきを

21日に拍手を頂きました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★


19:28 日本酒(石川/獅子の里)

「玉川 純米吟醸 雄町無濾過生原酒」入荷しました

2015/01/20
雄町好きさんご注目~
雄町のふくよかな個性を存分に生かしたこの商品が今年も到着しました。

玉川 純米吟醸雄町 無濾過生原酒(京都/木下酒造)

136_convert_20131226192901.jpg

720ml1646 円 1800ml3292 円 (税込)
アルコール度数:17度以上18度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:雄町100%
仕込水:城山の湧き水を使用
精米歩合:60%



これは雄町好きさんにはもとより、
フルボディ好きさん、燗酒好きさん、「玉川」ファンのみなさん、
これらに該当する方にはもれなくオススメのお品です

余談ですが、去年「玉川」のハーパー杜氏が当店にお見えになった際
(クリックするとハーパー杜氏来店記に飛べます↑)

001_convert_20140604175014.jpg

撮影時にお手に持っていただいた品も・・・

002_convert_20140604175107.jpg

「雄町」なんですよね~
(これは無濾過生原酒ではないほうの「純米吟醸 雄町」です)

杜氏も体を張って(?)PRしてくださったこのお酒。
甘味・旨味・渋味・コク・酸味・苦味がむっちり詰まった
さすがさすがの充実した味わいが魅力です(^0^)

飲み頃温度帯は常温からがぜひオススメ◎
そして、お燗好きさんは、ぜひお燗でも楽しんでください
本品は、温めることでお酒の味がより一層イキイキしてきます
もしくは、常温でイマイチと感じた方!
そんな方もぜひお燗酒にトライしてほしい

それくらいお燗大オススメのお品で~す(o^ ^o) /

18.19日に拍手をいただきました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
18:28 日本酒(京都/玉川)

冷酒でもお燗でも「中島屋純米にごり」初入荷です☆

2015/01/16
元日にご紹介した「玉櫻」のとろとろにごりは、
年始早々ビックリするくらいよく売れまして(ありがとうございます!)、
残すところ720mlが数本のみとなりました。

でも、ご心配なく。
またまた魅力的なにごり酒が到着しました

中島屋 純米にごり(山口/中島屋酒造場)

nakajimaya_nigori15_1_1.jpg


720ml 税込1340円 1800ml税込2678 円
アルコール度数:16度
原材料名:米(山口県産)、米麹(山口県産米)
原料米:山田錦(麹米)、日本晴(掛米)
酵母:協会9号系(自社保存株)
精米歩合:60%


本品の特徴はもろみ(白い部分)の多さ!
一言でにごり酒といってもにごり具合はそれぞれなのですが、
この「中島屋」のにごりはもうギリギリまでもろみです。

にごり酒らしいつぶつぶした食感が楽しめる、もろみぎっしり濃厚タイプ。
甘さもしっかりあるけれど、酸も効いたメリハリある味わいのにごり酒です
もろみの濃さで口当たりは重量級。
これ、一見沢山は飲めない!?
ところが、意外や意外、
16度と控えめな度数のおかげで飲み詰まらず、
思いのほかスイスイ飲めてしまいま~す(^o^)/

あわせる食べ物は、甘みの効いたこってり味のお料理や酸味のあるものが好相性
肉魚は勿論のこと、お漬物や梅酢和えといったさっぱりメニューともよく合います。

日本酒のなかには
「断然お燗で!」
とか
「冷酒向きです!」
とオススメ温度帯がはっきり別れるものもありますけれど、
本品は冷酒とお燗、どちらも美味しく召し上がれます。
両方試して二度美味しい思いをするのもオススメで~す(笑)

14日に拍手をいただきました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
19:47 日本酒(山口/カネナカ・中島屋)

人気につき「シャトー フォンドゥース ペゼナス’06」再度の登場です

2015/01/13
以前にもご紹介したこのワイン。
実際にお求め頂いたお客様方から
本当に本当に絶賛の声が多いので
「こんな素晴らしいワインがあるよ~!」
という気持ちもこめて再掲載で~す

シャトー フォンドゥース ペゼナス’06

001pezenas_1_1.jpg

004pezenas_1_1.jpg

(※ペゼナスは2007年にコミューン認定されましたが、
’06VTより「ペゼナス」の付記が認められています)

750ml 1717円(税込)
赤 フルボディ 14.5%
品種:シラー70% グルナッシュ30%
産地:AOC コトー デュ ラングドック ペゼナス
生産者:シャトー フォンドゥース


当店のワインのなかでこのワインほど
「掘り出し物」
という表現がピッタリな一本はないでしょう!

南仏ラングドック地方には特に実力の秀でた15のコミューン(村)があります。
今回ご紹介のこちらのアイテムは、
2007年に15番目に認定された最新コミューン ペゼナスのワインです。

ベリーやバラの香りに、熟成香。
シラーのスパイシーなニュアンスと、グルナッシュの豊かな果実味。
まろやかなボリュームあるボディ。
ミネラリーでベルベットのようなニュアンスが楽しめます
角の取れたタンニンとまろみのある心地よい酸は熟成の賜物。
バックヴィンテージならではです。

果実味豊かな親しみやすい南仏赤ワインを長期熟成させると
こんなにワンダフルな味わいになるんですねぇ
それは、このシャトー・フォンドゥースの実力でしょう。

お値段だけ見れば、この価格のワインは市場にごまんとあります。
けれど、これだけの年数を熟成させたお品となれば、話は別!
同じ価格帯の同じヴィンテージの品がまったくないとは言いませんけれど、
そうありふれてはおりません

そして、何よりこの熟成感が素晴らしいんですよね~(*^o^*)
これぞ本品の人気の秘密

よっぽど
「南仏ワインはどうしても好きになれないの」
とか
「長期熟成ワインは絶対ダメ。ああいうのはどうも苦手でねぇ」
という方でない限り、ワイン好きさんなら
この美味しさはぜひ一度体験してほしい
この素晴らしい熟成具合は、きっと感激モノです

11日に拍手をいただきました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
18:40 フランスのワイン

あの酒のバージョン違いもいろいろと

2015/01/08
年末年始は新酒入荷ラッシュですが、
そのなかでも特に人気!な商品って、やっぱりあります

今日はそんな「人気者」のバージョン違いをご紹介で~す(^o^)/
あの酒には、実はこんな別バージョンが・・・!!
そんな感じで行きましょう

まず1本目はこちら
このシーズン屈指の人気酒「玉川」の手つけず原酒から

玉川 純米吟醸手つけず原酒 日本晴(京都/木下酒造)

IMG_4398.jpg

720ml 税込1889円※720mlのみのご用意です
アルコール度数:18度以上19度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:日本晴100%
仕込水:城山の湧き水を使用
精米歩合:60%


先月入荷したのは五百万石で、こちらは米違いバージョン。
日本晴を使用しています(^o^)/
甘みのあるふくよかな味わいです。
五百万石とはまた違う美味しさが楽しめま~す

もう一本がこちら。

房島屋 純米吟醸無濾過生原酒 兎心(ところ)BLACK 五百万石 責め
(岐阜/所酒造)

tokoro_black_seme_1_1.jpg

1800ml 税込3024円 ※1800mlのみのご用意です
アルコール度数:16度以上17度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
日本酒度:±0
酸度:2.2
原料米:五百万石
精米歩合:60%


これまた「房島屋」の人気者「兎心(ところ)BLACK」の責めバージョンです
責めというのは、酒を搾る際、あらかた搾り終わって
最後のほうに出てきた部分のみを瓶詰めしたものです。
発泡性はありませんが、酸味ののったジューシーな味わい。
1800ml約200本の少量生産です

このほか、

◎玉川 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒
◎秀鳳 純米吟醸 あらばしり生原酒
◎三千櫻 純米R
◎金鷹 生原酒/金鷹 にごり酒


などなど、新酒ぞくぞく到着しています(^o^)/
お酒には個性やお値段が色々ありますからね、
お好み・ご予算お聞かせいただければ、
ご要望に沿うものオススメさせて頂きます

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
18:29 日本酒(京都/玉川)

「中島屋 熟成純米」入荷しました

2015/01/07
新米 とか 新鮮 という言葉があるように、
「新」ってつくとなんだか美味しそうですよねぇ~(*^o^*)
ならば、お酒も新酒のほうが美味しいのかな??

いえいえ、そうとばかりも限りません
日本酒の魅力は幅広く、新酒のよさもあれば熟成酒には熟成酒のよさがあります。

今回のご紹介は、
そんな熟成酒の魅力を全面に押し出した
こちらの商品のご案内でーす

中島屋 熟成純米 (山口/中島屋酒造場)

nakajimaya_jyukuseijyunmai15_1_1.jpg


720ml 税込1620円 1800ml税込3240 円
アルコール度数:15度以上16度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:麹米50% 掛米60%


昨秋わずかに入荷したものの
数が少なすぎてwebではご紹介できなかったこのアイテムが
このたびようやく数量確保できました(*^o^*)
晴れてwebでもお披露目でーす

原酒ではないので度数は低めですが、
なんのなんのよく熟れた熟成感と
たっぷりのコク・旨・甘がふくよかに広がる
ボリューム感のある一本です。

これはぜひ、お燗にしてください
「酒は冷酒しか飲まないんだ」
という方にはおすすめしません(笑)。
(冷酒で美味しいの、ほかにいっぱいありますからね

この良い意味で枯れた感じ、旨甘の凝縮感ある味わいは、
きっと夏には不向きです(^_^;
だからこそ、今の季節にうんと味わってほしい

そして、フレッシュ・ピチピチとは対極にある熟成酒ですからね、
あわせるお料理も加熱していないもの(ひややっこ、刺身等)には不向きです。
また、お酒自体に個性がありますから
「いろんなお料理に幅広く対応しま~す☆」
とはちと言いづらいです。

でもね、こういう個性派酒は、お料理とバッチリはまったときは本当に素敵!
そうですね~、せっかくのこの個性を生かすなら、
うなぎの蒲焼なんていかがでしょう(*^o^*)
濃い味同士、クセモノ同士で、きっと大正解です

うなぎに限らず、味の濃いもの、色の濃い料理、火の通ったもの、旨みの強いもの、珍味系・・・
こんなキーワードで合わせてみると好相性ですよ~

2日4日に拍手いただきました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
16:56 日本酒(山口/カネナカ・中島屋)

あけましておめでとうございます。雪化粧に合わせて「玉櫻 とろとろにごり酒」のご紹介です

2015/01/01
2015年あけましておめでとうございます
今年も元日から営業中の笠木酒店です\(^_^)/

新年のお酒、何を取り上げようかと思ったのですが、
なんとなんと今年は大分市にしては大変珍しいことに
元旦から雪が降っています!
当店の周りも積もり始めました。
そこで、この雪化粧にあわせてこのお酒のご紹介といきましょう

玉櫻 純米とろとろにごり酒(生酒) 
(島根/玉櫻酒造)

tamazakura_nigori15_1_1.jpg
720ml 税込1296円 1800mlは完売しました
アルコール度数:14度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合:70%


にごり酒ファンというのは一定数いらっしゃるのでしょうか?
当店でもこの冬は複数の銘柄からにごり酒がやってきたのですが、
入荷早々出足好調
ご来店するや否や
「にごり酒ください」
と指名買いでお求めくださる方もいらっしゃいます

そんなにごり酒ファンも、そしてにごりビギナーさんも必見
今日のご紹介は島根の「玉櫻」より
「玉櫻 純米とろとろにごり酒」で~す

いや、もう、名前からしてなんだか美味しそうじゃありません?(笑)
「とろとろ」ですよ、「とろとろ」(*^^*)

そして何よりこの見た目!美しい白!
まっしろな雪景色を思わせるこの外観は、はい、にごり酒ならではです

「とろとろ」の名の秘密は舌触りにあり。
にごり酒特有のつぶつぶがなくて、とってもなめらかな舌触りなんです。

「にごり酒って、あの甘酒みたいなどろっとしたやつでしょ?」

というイメージをお持ちの方は、ぜひ一度召し上がってみてください
つぶつぶ系にごり酒もそれはそれでとっても魅力的なのですが・・・
本品のこのクリーミーな飲み口も、まさしく一飲の価値あり
絹ごし豆腐のような上品でやさしい口当たりが自慢です(*^^*)

濃厚どっしり系も珍しくないにごり酒ですが、
本品は14度と度数控えめ。
軽いシュワ感のなかに爽やかな甘味と酸が効いた、
ジューシー系にごり酒です☆

酵母が生きた非加熱のにごり酒につき、
ガス抜き用の穴あき栓になっております。
保管時は横にせず、攪拌直後の開栓はお避けください。
(よく冷えた状態で一度開栓したのち、再度ふたを閉めてから攪拌ください)

12月31日に拍手を3件いただきました
年の瀬までご愛顧誠にありがとうございます


本年もよろしくお願いいたしま~す

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
10:17 日本酒(島根/玉櫻)
 | HOME |