FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

26BY新酒到着しました「玉川しぼりたて生原酒」

2014/11/29
秋になってからひやおろしや秋あがり、
はたまた数年ごしの長期熟成酒といった
熟成感のある落ち着いたお酒を沢山ご紹介してきたのですが、
ひさびさにフレッシュ感のある一本が到着しました。
笠木酒店の今期(26BY)の新酒第一号のご案内です


玉川 しぼりたて生原酒(京都/木下酒造)

IMG_4388_convert_20131125194122.jpg

720ml 税込円 1060円1800ml税込2120 円
アルコール度数:18度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
原料米:五百万石(65%)、一般米(68%)※カッコ内は精米歩合


12月を目前に当店にまっさきに飛び込んできた新酒第一号は
おなじみ京都の人気銘柄「玉川」より
そのシーズン最初にしぼる「しぼりたて生原酒」です

本品は本醸造ながら、日本酒通のお客様からの評価も高く、
ブラインドテイスティング(商品名などの情報を隠しての試飲)では
堂々上位にランクインする人気酒

(この「しぼりたて生原酒」に限らず、
「玉川」で「本醸造」と付くお酒はなんでも美味しいで~す(^o^)
以上、「玉川」豆知識でした笑)

さて今年の「しぼりたて生原酒」も、
米の旨味と甘味が充分に感じられる
デイリー向けの一本です。
新酒らしいフレッシュさと醸造アルコールのスッキリ感のせいでしょうか?
決してペラペラに軽いお酒ではないのですが、
18度という高度数を感じさせない
スーッとした飲み口に仕上がっています。

せっかくの新酒だし、生原酒だし、燗にしちゃだめ??
いえいえ、そんなことはありません(^o^)/
冷酒でフレッシュ感を、
お燗で味わいの変化を、
さまざまにお楽しみ頂けま~す

21.25.28日に拍手を頂きました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
19:26 日本酒(京都/玉川)

ボジョレー解禁!

2014/11/20
ボジョレー・ヌーヴォー2014本日解禁です
本年もたくさんのご予約ありがとうございました(^o^)/
ワイン好きは意外とボジョレーを好まない人も多いなんて言われているのですが、
当店のボジョレーはリピーターさんも多い品質自慢のボジョレーです。
今年のボジョレーもお気に召して頂けたら幸いです
またご感想などぜひお聞かせくださいね

20日に拍手をいただきました
ありがとうございます
12:24 フランスのワイン

「中島屋 純米原酒」入荷しました

2014/11/19
めっきり日が落ちるのが早くなり
風も冷たくなってきました。

お洋服が厚着になるように、
食べ物もあっさり系からこっくり系になるように、
この季節はお酒も少し重ためのものが欲しくなる方も多いかもしれませんね。

燗酒を楽しむ方が増えるのもこの時期からでしょう。
そんな季節にぴったりの、こちらのお酒のご紹介です

中島屋 純米原酒(山口/中島屋酒造)

nakajimaya_jyunmaigenshu14_1_1.jpg


720ml 税込1460円 1800ml税込2916 円
アルコール度数:17度以上18度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:麹 山田錦/掛米 日本晴
日本酒度:+5
酸度:1.8
アミノ酸度:1.1
精米歩合:60%


山口の少量生産蔵より届く「中島屋」。
アレ、でも上の写真、背景になんだか別のお酒が写りこんでいますね
背後霊のように写っているあれは「カネナカ」でしょうか?(笑)
はい、この「中島屋」は、キモト造りの「カネナカ」と同じ蔵のお酒です
メディア等で見かけることは少ないかもしれませんが、
「カネナカ」同様品質自慢の実力派。
骨太タイプをお好みの方には特におすすめの銘柄です。

本日のご紹介は「中島屋 純米原酒」。
先月ご紹介の「中島屋 秋あがり」が大変な人気につき、
その後続商品として急遽限定発売された新商品です。
そんな経緯で売り出されたお酒なだけあって、
「秋あがり」がお気に召した方には特に特におすすめで~す

「中島屋」らしい、しっかりとしたふくらみのある旨味とコク。
米の甘味と旨味が存分に楽しめます。
でも、ただ重たいだけではなく、どこかフワ~とした軽やかなキレの良さ。

「旨みがあってキレのよい酒」
いろんなところで見かけそうなフレーズですが(笑)、
まさにこのフレーズを体現した一本で~す(^o^)/

オススメは常温からお燗です☆
お酒は冷やしたときとお燗にしたときでは全然味が違いますから、
もし日本酒を飲んでいて、冷酒でいまいちパッとしないなぁと感じたときは、
ぜひお燗も試してみてくださいね

19日に1件の拍手を頂きました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
16:06 日本酒(山口/カネナカ・中島屋)

世界一に輝いたビール「ヴァイエンステファン ヴィタス」

2014/11/18
お久しぶりのビール紹介で~す
今回ご紹介のお品は「ヴァイエンステファン ヴィタス」。
舌をかみそうな名前ですが、名前を覚えておく価値のある一本です

ヴァイエンステファン ヴィタス

vitus_1_1.jpg

500ml737円(税込)
アルコール度数:7.7%
原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ
スタイル:ヴァイツェン ボック
原産国:ドイツ


泡はクリーミー。
液色はヴァイツェン(小麦)ビール特有の白濁した金色。
柑橘やバナナを思わせるフルーティーな香り。
そして、味わいは、爽やかなのにとっても濃いです!
爽やかで濃いって矛盾するようですよね。

でも、この味を文字でご紹介するとなると、
こういう表現を使いたくなってしまいます
フルーティーで爽やかな飲み口ながら、
味わいはしっかり!
7.7%という高度数の濃厚ボディーでインパクト充分なのに、
驚くほどキレが良く、品質の高さが充分に伺えます

イギリスで行われるビール世界一決定戦「ワールド・ビア・アワード」で2011年に最高賞の金賞受賞。
世界一のビールです。
世界一のビールというのは、
すなわちこれを「美味しい」と思う人が世界で一番多いビール、
と言い換えてもいいのではないかと思うのですが、

「確かにこのヴィタスを支持する人は多いだろうなぁ

と一度飲めばその称号に納得の、直球ストレートな美味しさです
500ml 737円とちょっぴりお高めに見えるかもしれませんけれど、
その価値ありの一本です

そうそう、「ヴァイエンステファン ヴィタス」だなんて、
ちょっと商品名が長いですよね(笑)。
当店では「ヴィタス」だけで通じますので
お気軽に「ヴィタスください」とお申し付けくださいませ~(^o^)/

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
15:09 世界のビール

ラングドックの最新コミューンより「Ch.フォンドゥース ペゼナス」

2014/11/12
南仏ラングドック地方には特に実力の秀でた15のコミューン(村)があります。
今回ご紹介のこちらのアイテムは、
2007年に15番目に認定された最新コミューンペゼナスのワインです。

今回日本では1500本限定発売。
ヴィンテージは2006年。
熟成好きさんご注目の一本で~す

シャトー フォンドゥース ペゼナス’06

001pezenas_1_1.jpg

004pezenas_1_1.jpg

(※ペゼナスは2007年にコミューン認定されましたが、
’06VTより「ペゼナス」の付記が認められています)

750ml 1717円(税込)
赤 フルボディ 14.5%
品種:シラー70% グルナッシュ30%
産地:AOC コトー デュ ラングドック ペゼナス
生産者:シャトー フォンドゥース


ベリーやバラの香りに、熟成香。
シラーのスパイシーなニュアンスと、グルナッシュの豊かな果実味。
まろやかなボリュームあるボディ。
ミネラリーでベルベットのようなニュアンスが楽しめます
角の取れたタンニンとまろみのある心地よい酸は熟成の賜物。
バックヴィンテージならではです。

前回ご紹介の「イプランディ」が
お肉~お魚と幅広く対応型なら、
こちらは断然お肉!
ビーフならなおよしです

この目の詰まったまろやかで優しいテイストは、
ぜひ煮込み系で合わせたいですねぇー(^o^)/

ヴィンテージはラングドック・ルーションの当たり年2006年。
1000円台で楽しめるデイリーな長期熟成ワインです

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★


11:06 フランスのワイン

イタリアからの新着は早々に売れっ子です「イプランディ ピノノワールIGT」

2014/11/08
久々のワイン紹介です☆

ワインというのは、必ずしも品質さえよければ売れるというわけではなく、
ラベルデザインやネーミングなども人気を左右する重要な要素です。
品質は良いのに、ラベルが地味だからいまいちパッとしない・・・
反対に、品質の良さは勿論のこと、
ラベルやネーミングの良さでさらに人気を押し上げる
そんなことも往々にあります

今回ご紹介のお品はこの秋の新着商品。
日本に入ったばかりなのに
インポーターでは早々に品薄という人気者です。
ところが、ご覧の通り見た目は比較的シンプルラベル

「ラベル人気」「ネーミング人気」ではなく、
堂々の品質人気の一本で~す(^o^)/


イプランディ ピノノワールIGT

pino_iprandi_convert_20141107171554.jpg


750ml 1966円(税込)
赤 ミディアム~フルボディ 12.5%
品種:ピノネロ(ピノノワール)
産地:イタリア ヴェネト
生産者:マルカート


イタリア北東部ヴェネト州で造られる自然派ワイン。
ピノノワール100%の赤ワインです☆
ピノと言えば、ロマネ・コンティはじめ
超がつくほどの高級ワイン用品種として知られる一方で、
「ピノは薄いから」
と言って敬遠される方も少なくありません。

しかしながら本品は、前述の通り、輸入元では早くも品薄となった人気アイテム。
この人気の秘密はなんだろう?
ひとたびティスティングすれば、その答えは明白です

このイプランディも、ボリュームという点では
「重厚なワインが好き!!」
という方には、確かに少し物足りないかもしれません。
ですが、ピノらしい繊細で優美なボディながら、味わいはしっかり。
「ピノは薄いから」
は、このワインには通用しません(笑)。

オーク樽で6ヶ月熟成。
ルビーのような明るい色調に、なめし皮の匂い。
プラムやチェリー、ブルーベリーを思わせる果実味。
しっかりと酸の利いたメリハリのある輪郭。
舌触りはとてもシルキー。
重厚なタイプではありませんが、旨みもあり、
ワイン好きも充分満足させる実力派です。

重すぎず・軽すぎずのこのボディだからこそ、
あわせるお料理は
いかにも白ワイン向きのお料理でない限り、
幅広く対応いたします(^0^)
(マリアージュにすご~くこだわる場合は別ですけれど、「おおかた」なら合わせられます

「マリアージュとかよくわからないんだけど」
という方にも、
「料理との合わせやすさ」+「品質の良さ」
を備えたこのイプランディは、自信を持ってオススメで~す

10月24.27.29日に拍手を頂きました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
11:06 イタリアのワイン
 | HOME |