FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

4月のおしらせ(4/11更新)

2014/04/30
※この記事は常にトップに反映されます。最新の記事はこの一つ下からご確認ください。
※記事の内容は必要に応じて随時更新します。


☆4月のおしらせ☆

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆大分市民チャンネルの情報番組「おおいた町角情報てれびチラシ」に出演します。(4/11更新)
 アナログ1ch デジタル111ch 
 放送期間 4月7日~5月4日
 (月)15:30~16:00
 (火)21:30~22:00
 (木)10:00~10:30
 (日)18:30~19:00
 ※一ヶ月間同じ内容がリピート放送されます。 
  
「てれびチラシ」は、アート書道家エンジェリック・マユさんが
大分で出会ったお店や町の印象を書で表現する小さな町角散歩番組。
今月はここ古国府(ふるごう)&羽屋(はや)が登場します。
現在店内にはマユさんが番組内で書いてくださった書も展示しています。
ご来店の際にはどうぞそちらもご覧になってくださいね
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆笠木酒店のfacebookページ随時更新中です。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆当店までの地図はこちらです。公共の交通のアクセスについてはこちらです。
<webマップをご利用の方へ>
webマップ上での当店の位置が大分市花園に表示されてしまうケースが稀にあるようです。
当店の場所は、大分市古国府(ふるごう)の旧道(ダイレックスさんやジョイフルさんのある通り)、三福寺さん隣です。
お手数おかけしますが、なにとぞご確認お願いいたします。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
23:56 お知らせ

ご近所の方からの素敵なプレゼント

2014/04/28
ゴールデンウイークですね~いかがお過ごしですか。
当店はゴールデンウイーク中も休まず営業しておりま~す(^o^)/
帰省のお土産やおもてなしのお酒のご用命も、ぜひおまかせください☆

さてさて、今回はお酒紹介ではありません。
いつもとちょっと脇道にそれて、笠木酒店のお店紹介で~す!
当店にお越し頂いたことのあるお客様ならご存知かと思いますが、
当店の正面入り口の自動ドアにはこんな書が貼られてあります。

005_1_1.jpg

「旨い酒には心がある」
店主の筆によるものですが、
この文字を見たご近所の女性が、こんな歌を詠んでくださいました

「店頭に 貼られし文字の 太々と 旨い酒には 心があると」

この歌、その方の歌の先生からお褒めの言葉まで頂いたのだそう。
そんなエピソードとともに、こんなふうに色紙に清書して当店にプレゼントしてくださいました

003_1_1.jpg

嬉しいです!ありがとうございます

そして、ただいま大分市民チャンネルで放送中の「おおいた町角情報 てれびチラシ」出演時に、
アート書道家エンジェリック・マユさんに書いていただいた書も同時展示中で~す
ご来店の際はどこに飾ってあるか、ぜひぜひ探してみてくださいね(*^o^*)

そうそう、来月は京都の地酒「玉川」から
春夏の超人気商品「アイスブレーカー」がいよいよ入荷します!
去年は超少量入荷につき、webには載せませんでした。(ご来店のお客様のみにコッソリお売りしていました)
が、25BYはある程度数を確保できましたので、今年は載せます!!(笑)
5月中旬入荷予定。
ご来店お待ちしております☆

23.24.27日に拍手頂きました
「玉川」の山廃本醸造に拍手たくさんありがとうございます


★ゴールデンウイーク中も休まず営業しています★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
19:36 お知らせ

この蔵の新酒も終盤戦です「玉川 自然仕込 本醸造(山廃) 無濾過生原酒」入荷しました

2014/04/23
前回の「玉川 山廃純米白ラベル」に続いてやってきた「玉川」自然仕込シリーズの限定品のご紹介です☆

玉川 自然仕込 本醸造(山廃) 無濾過生原酒(京都/木下酒造)

blog_tamagawa_yamahon_002_1_2.jpg

720ml 税込1102円 1800ml税込 2203円

アルコール度数:21度以上22度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
原料米:美山錦(歩合65%)、一般米(歩合68%)
仕込水:城山の湧き水を使用


おなじみの「玉川」の山廃ですが、蔵付酵母で仕込む「玉川」の山廃で唯一の本醸造がコチラ☆
「玉川」の本醸造というと、定番酒の「玉川 本醸造」しかり
年末入荷の限定品「玉川 しぼりたて生原酒 本醸造」しかり
どれもこれもコストパフォーマンスの高さに驚かされるばかりですが、
今回ご紹介の「山廃本醸造」もその期待を裏切りません。
「玉川」ファンの方というと、
濃い~のを期待されている方も多いと思うのですけれど、
そうであればなおのこと自信を持ってオススメします
蔵元からのコメントには
「旨味は、『玉川』らしく個性的重量級パンチが効いて・・・」
とありましたが、まさしくそんな重量級の一本です。

濃厚で伸びやかな旨味、山廃らしい豊かな酸、
ふくよかな甘みと、心地よい苦味・渋味・辛味、
味わいの要素が充実した完成度の高い本醸造。
この濃い~飲み口に、本醸造ならではのスッキリした後口も楽しめます。

720mlが1102円というお手ごろ価格にもご注目。
「とりあえず買ってみっか」
くらいの気持ちで買ってみても、
「コストパフォーマンスの高さに期待!」
という期待感いっぱいで買ってみても、
いずれにしても後悔させない美味しさです。

なお、本品は年一回だけ発売される完全予約受注品。
予約受注分だけ採ったのちは蔵元ですべて定番酒「玉川 本醸造」にブレンドされますゆえ、
ブレンドをまぬがれた貴重な本品は在庫あるうちにお求めくださいませ☆

18、19日に拍手をいただきました
いつも新着記事をチェックしていただきありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
14:36 日本酒(京都/玉川)

玉川の完全発酵「玉川 自然仕込 山廃純米 白ラベル 無濾過生原酒」初入荷です!

2014/04/18
当店のブログをご覧頂き誠にありがとうございます☆
「玉川」の看板商品、蔵付き酵母で仕込んだ山廃純米酒の特別限定バージョンが当店初入荷しました!

玉川 自然仕込 山廃純米 白ラベル 無濾過生原酒(京都/木下酒造)

bl_tamagawa_siro_014_1_1.jpg

720ml 税込1441円 1800ml税込 2880円
アルコール度数:21度以上22度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:北錦100%
仕込水:城山の湧き水を使用
精米歩合:66%


「名前に白ラベルってあるけれど、別に白くないような・・・?」
という疑問をお持ちの方、実はここが白いんです~!

016_1_1.jpg

他の「玉川」の山廃純米はこの部分が赤地で「山廃」とあるんですけれど、本品に限ってはココが白いんです☆
以上「玉川」マメ知識でした(笑)。

日本酒作りにおいては
モロミ中のデンプンを麹の酵素によって糖に変えた後(糖化)、
酒母(もと)で培養された酵母によって
その糖をアルコールと二酸化炭素に分解していくという工程がありますが、
この分解を途中で止めず、限界まで醗酵させる製法を完全発酵といいます。
(なお、モロミ内の糖の中にはもともと発酵に使われない糖分も存在するため、
完全発酵と言ってもその酒のなかにまったく糖分が存在しないわけではありません)
そうやって出来上がった完全発酵の酒は、限界まで醗酵させた高いアルコール度数と
日本酒度プラス二桁も珍しくない辛口な味わいが特徴の個性ある酒になります。
本品は、その完全発酵型の山廃純米です。

そんな本品は、軽く20度超えの高度数と、
一口飲んでガッツーーーンとくる味わいが魅力。
やはり完全発酵型とあって、甘みは他の「玉川」より控えめの辛口酒。
「玉川」というと、その厚みある伸びやかな味わいから
「ふくよか」とか「ふくらみ」という表現がよく使われますけれど、
こちらに関しては「筋肉質」、そんな表現がしっくりきます。
「玉川」らしい厚みあるボディは健在ですが、味わいの伸びは非常にシャープ。
引き締まった旨味が印象的です。
そのタフ&シャープなボディに、辛口な味わいが相まって、
他の「玉川」とは一味違った鍛え抜かれた筋肉質な男酒といった様相を見せてくれます。

旨味がのびのび伸びてゆく「玉川」も勿論素晴らしいのですが、
本品は「玉川」の濃醇な旨味をビシッと引き締めたこのバランスが、
これだけの濃さでありながら食事との合わせやすさも両立してくれます。

これまた全国の「玉川」ファンの間で人気の限定品で~す
どうぞお見逃しなく☆
なお、「玉川」の山廃は近日中にこれまた素晴らしい商品が新入荷します!
どうぞそちらもお楽しみに。

この週末も、笠木酒店でお酒ともどもみなさまをお待ちしております

15.17日に拍手いただきました
最新の記事から、ちょっと懐かしいくらい過去の記事にまで拍手をありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
12:25 日本酒(京都/玉川)

「杉勇 雄町純米吟醸 しぼりたて生原酒 山卸生もと仕込」です!

2014/04/14
お酒とは不思議なもので、蔵元のお人柄がその酒に反映されているように感じるときがあります。
特に、今回ご紹介の山形の地酒「杉勇(すぎいさみ)」に関してはそんな印象を強く受けます。
そんな「杉勇」は、蔵元の茨木社長の誠実なお人柄を反映したような、
いつまでも付き合っていたい飽きの来ない味わいが魅力です。
さてさて、今日はそんな「杉勇」からの新着商品のご案内でーす!

杉勇 純米吟醸雄町 しぼりたて生原酒 山卸生もと仕込 
(山形/杉勇蕨岡酒造場)

bl_017_sugi_omachi_nama.jpg

720ml 税込1944円 1800ml税込3893 円
アルコール度数:16度以上17度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
日本酒度:+2
酸度:1.7
原料米:雄町100%
使用酵母:山形酵母
精米歩合:50%


こちらの記事でご紹介した「杉勇 純米吟醸 山卸生(き)もと仕込 雄町」の生原酒バージョンが新発売です!
上記の商品紹介でも「ふんわり柔らかな純米吟醸」とお伝えしましたが、
この優しいふんわり感は本品でも健在。
そこに生原酒らしいふくよかさと新酒のフレッシュ感が加わって、
より生き生きとした酒に仕上がりました。

生もとというと、
「酸が強くてクセのあるやつ」
という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、
本品は甘みのある口当たりやフレッシュ感とあいまって、
この生もとの酸がフルーティーな味わいを演出するのに一役買っています。

とても飲みやすい冷酒もOKの生もとです。
お燗にする場合もあまり温めすぎず、ぬる燗くらいまでがおすすめで~す

そうそう、「杉勇」の蔵元より
笠木酒店のお客様あてにメッセージを頂いております
蔵元ホームページも持たず、メディア露出も控えめなこの蔵からの
一般消費者さま宛てのメッセージはかなり貴重ではないでしょうか?
ではではその貴重なメッセージを本邦初公開で~す!

杉勇は、様々な料理とよく合いますので、食中酒としてぜひお楽しみください。
また飽きのこないしっかりした後味は、いつまでもおつき合い頂ける酒です。


杉勇蕨岡酒造場 茨木高芳社長より頂きました。ありがとうございます!
(随分前にweb公開前提で頂いていたのですが、肝心の公開が遅くなりすみません)

11.13.14日に拍手をいただきました
「玉川」の山廃五百万石にたくさん拍手ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
20:44 日本酒(山形/杉勇)

タンク1本のみの生産「玉川 純米酒(山廃) 五百万石 無濾過生原酒」入荷しました!

2014/04/11
「玉川」から当店初入荷商品のご紹介でーす!
「玉川」紹介時は、よく「少量入荷の人気商品です!」だの「完売必至の限定品です!」だのといった謳い文句が並びますけれど、今回のお酒もこれまた希少度ではかなりのアイテムとなっております☆
「玉川」取扱店のなかでも、このお酒はどこにでもここにでもは売っていませんよー

玉川 純米酒(山廃) 五百万石 無濾過生原酒
(京都/木下酒造)


「玉川」の看板商品のひとつに酒米 北錦で仕込んだ山廃純米酒があります。
この商品、当店のお客さまからも
「玉川の、北錦だっけ?山廃。あれが好きなんだよね」
と、わざわざ「北錦」指名で言われるほどの北錦の定着ぶりですが、
今回ご紹介のお酒はその米違いバージョン。
人気の酒米 五百万石で仕込みました!

当店初入荷となる本品は、発売以降蔵元でも年々注文が増えているという人気商品。
1年にわずかタンク一本の少量生産につき、
「玉川」取扱店でも限られた店舗でしかお求めいただけない超限定品です。

そんな本品に対する蔵元からのアピールポイントは
「今年度一番の渋味!」
渋味と聞くと、それだけで敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待って!
渋味というのは何も悪いものではありません。
渋味も、甘味や酸味や辛味そして苦味同様、味の大事な構成要素のひとつですから、
味わいのバランス次第ではこの渋味というものが美味しさのひとつになるのです。
たとえば、赤ワインや紅茶は渋味があるからあの味なのであって、
渋味のない赤ワインや紅茶だなんて、きっと物足りない!
ですから、渋味と聞いただけで敬遠するのはあまりにも勿体無く思います。

さてさて、そんなわけで、渋味アピールでやってきたこの「山廃純米 五百万石」。
そのお味はいかがでしょう。
まず、いわゆる五百万石の特徴として一般的にあげられる「淡麗」「スッキリ」、こういったものとは無縁です。

しっかりした酸、味の中心にデンと構える旨味、何重にも入り組んだ複雑味は山廃ならでは。
豊かな甘味もあるふくよかな複雑味のなかにほんの少し感じられるフルーティーさが、
「あ、これ五百万石だったな」
と思い出させてくれます。
肝心の渋味ですが、味の輪郭や後味をバシッと引き締めてくれる強めの渋味は、
まるでフルボディの赤ワインです!

あわせるお料理も、
「繊細な野菜料理」
「シンプルなお豆腐料理」
なんてのは淡麗系のお酒にまかせて、
この酒には何はなくともお肉、それも牛肉!
魚介なら、ウニ!
と言った具合に、ぜひ濃厚系で攻めてください(笑)。
それこそ、フルボディの赤ワインにあわせるような食材と相性抜群で~す

定番の北錦と同価格の米違いバージョンとして登場したこの「五百万石」。
北錦ファンにもぜひ一度お試しいただきたい一本です

そうそう、オススメの温度帯は、やっぱりお燗!
最低でも常温から。
もちろん温度はお好みですから、召し上がる方が美味しいと思うのであれば何度でも構わないのですけれど、それでもやっぱりこの品については燗を強く推したいですね(笑)!
お燗にすることで、「本領発揮!」とでも言わんばかりに途端に味がイキイキしてきます
燗酒に馴染みがないという方も、
フルボディの赤ワインを冷やして飲まずに常温で飲むことをイメージすると、
なぜこの酒が冷酒でなく燗推しなのか、そのワケも納得しやすいかもしれません

9日に5件の拍手を頂きました
たくさんありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
13:30 日本酒(京都/玉川)

699~700件目の拍手ありがとうございます

2014/04/08
先ほど更新した記事で

>あと2件でこのブログの総拍手数が700件になります。
>どうぞどなたか700件目の拍手を狙ってください(笑)!

と書いたのですが、いやぁ先ほど700件目の方がいらっしゃいました
21時台に「房島屋 兎心BLACK」に拍手くださった方、おめでとうございます
そのほか、19時台に同記事に拍手をくださった699件目の方もありがとうございます

お酒紹介じゃありませんけれど、700拍手記念の更新でした。
今まで拍手をくださったすべての方へ。
いつも拍手をありがとうございます
22:36 お知らせ

「房島屋 純米吟醸 兎心BLACK 山田錦」新発売です!

2014/04/08
前回の更新からしばし間があいての更新で~す
4月に入ってなかなか更新できず、新着紹介も遅くなってしまい申し訳ありません
が、今月も魅力的な新着ぞくぞく届いておりますので、これからまたご紹介していきますね~

さて、4月第一本目のご紹介はこちらのお酒。
この銘柄、昨今は雑誌などのメディアでもよく取り上げられていますね。
そんな注目蔵からのニューアイテムです(*^o^*)

房島屋 純米吟醸 兎心(ところ)BLACK 山田錦 無濾過生原酒
(岐阜/所酒造)

blog_bojimaya_tokoroblack.jpg

720ml 税込1944円 1800ml税込3888 円
アルコール度数:16度以上17度未満
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:山田錦
精米歩合:麹米 山田錦50%/掛米 山田錦55%


岐阜の地酒「房島屋」の新商品です!
蔵元杜氏を筆頭にごく少人数の蔵人たちだけで酒造りを行っているという所酒造ですが、そこから生み出されるお酒はアイテムによって実に表情豊か。
バラエティー豊かなラインナップが魅力です。

さて今回の新商品は、同蔵の夏酒「房島屋 兎心(ところ)」のニューバージョン!
夏酒「兎心」が透明瓶とホワイト基調の明るいラベルに彩られたおりがらみなら、
今回の新商品は「兎心BLACk」の名の通り、漆黒ボトルの渋いヤツ!
でも、この外見がかえって目を引くのでしょうか?
入荷早々出足好調のイチオシアイテムで~す(*^o^*)

もちろん魅力は見た目だけではありません。
重厚な真っ黒ボトルとは裏腹に、
その味わいはチリチリとしたガス感が特徴の爽やかな微発泡性純米吟醸。
夏酒「兎心」に比べて香りを控えめにし、
甘みと酸味を多く持たせたフレッシュで軽やかな一本です。
「房島屋」の個性のひとつとして挙げられる要素に「酸」がありますが、
味の中心を背骨のようにスッと通るしっかりした酸は本品にも健在。
ガス感ともあいまってとても爽やかなお酒です。
暖かくなってきたこれからの季節にピッタリで~す!
日本酒初心者の方にもオススメですよ~

「飲みあきしない現代の食中酒」をテーマに、
個性がありながらも普遍的な味わいを目指しているという「房島屋」ですが、
中でも「兎心」シリーズは蔵元いわく
「少し実験的なことも挑戦していこうと思っています」
そんな遊び心が感じられるシリーズです
蔵元のお名前(所さん)からとった「兎心」というユニークな商品名からも、そんな気概が感じられますね。
「房島屋」の新たな挑戦、どうぞお見知りおきを!

※本品はさほど強い発泡性ではありませんが、開栓時は念のため、よく冷やして振らずにゆっくりご開栓ください。

3月28日、4月2日に拍手を頂きました
更新のたびにいつも拍手をありがとうございます

みなさんから多くの拍手を頂いてきたおかげで、
あと2件でこのブログの総拍手数が700件になります。
どうぞどなたか700件目の拍手を狙ってください(笑)!


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
12:36 日本酒(岐阜/房島屋)
 | HOME |