FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

美味しくって、お買い得!「秀鳳」から「33%精米」&「超辛口」を新入荷!

2011/10/25
山形のお酒「秀鳳」から、魅力的なお酒が到着しました

カンのよい方はもうお気づきですね。
ひとつ前の記事(秀鳳蔵元訪問記)でチラッとご案内しました

>試飲させて頂いたお酒の中で、コレ!というのがありました。(中略)
>非常に美味しい&お得な商品で・・・


はい、今回は、この「美味しい&お得な商品」をご紹介いたします
↓それがコチラの3本です

IMG_2676_convert_20111023185923.jpg


左から、「秀鳳 純米大吟醸 山田穂 磨き三割三分(火入れ)」
「秀鳳 特別純米酒 美山錦 超辛口」
「秀鳳 純米大吟醸 山田穂 磨き三割三分(生)」


数量限定商品
秀鳳 純米大吟醸 山田穂磨き三割三分

720ml 2.415円 1.800ml 4.725円(ともに税込)

アルコール度数:17度
原材料名:米、米麹
国産山田穂100%使用
精米歩合:33%

※「生原酒」と「火入れ原酒」の2種あります


山田穂を33%まで磨きました。

香りは穏やか。
33%精米による綺麗さと、
それでいながらしっかりとした味わいに、
酸味で輪郭をハッキリさせた魅力的なお酒です

火入れはシャープな味わい、
生は広がる味わいを、
それぞれお楽しみいただけます。

取り扱い店舗も少ない希少品ですよ


秀鳳 特別純米酒 美山錦 超辛口

720ml 1.208円 1.800ml 2.415円(ともに税込)

アルコール度数:16.3度
日本酒度:+10
酸度:1.4
アミノ酸度:1.0
美山錦100%使用
精米歩合:55%


日本酒度+10!
超辛口のお酒です!

でも、ただ辛いだけではありません。
米の旨みもしっかり残っていますので、
口に含んだ瞬間は辛味に負けないがあります。
味のある間は甘ささえ感じるのに、
味が消えると辛さがグッとやってくるという、
そのギャップが非常に魅力的な美味しさです。

1.208円(720ml)、2.415円(1.800ml)というお手ごろ価格とあいまって、
普段飲み用に特に特におすすめいたします


19日に2件の拍手をいただきました
ありがとうございます



★当店の営業案内はコチラです★
20:12 日本酒(山形/秀鳳)

山形の成長株、秀鳳酒造場に行ってきました

2011/10/21
10月5日に山形県の秀鳳酒造場さんに行ってきました。


こちらが秀鳳酒造場の社長、武田荘一さんです。
非常に腰が低く、優しく丁寧なお人柄の方でした。

社長修正


わざわざ山形駅までお迎えに来て下さり、大変恐縮でした。

しかし、お迎えに来てもらって正解でした。
こちらの秀鳳酒造場さんは学校や住宅に囲まれた場所にあり、
お迎えが無いとおそらくたどり着けなかったです。


外観 修正


外観も看板が無ければ酒蔵と気付かないかもしれないです。
こちらの建物は蔵と事務所の一部ですが、社長が子供の頃住まれていた建物だそうです。
ちなみにこの建物、昔は茅葺の屋根だったそうです。

昔は蔵元の周りは田んぼと畑ばかりだったそうですが、
時がたつにつれて家が増えていき、いつの間にか住宅に囲まれていたとのことです。



少しお話を頂き、それから社長自ら蔵を案内して下さいました。

3月11日にあった震災で、建物にひびが入るなどの影響があったそうです。
一番大きな被害は、蔵の古い煙突にひびが入り倒さざるを得なくなったそうです。

壁 修正


こちらがその煙突のあった場所で、今も補修や建て直し等の作業が行われていました。
蔵の中心近くに建っていたため、取り壊す際にも苦労したそうです。




蔵を案内して頂いた後は、お楽しみの試飲タイムです。
そしてこの時試飲させて頂いたお酒の中で、

コレ!というのがありました。


が、これはまた後日別の記事でご案内させて頂きます。
非常に美味しい&お得な商品で、しっかりと案内させて頂きたいと思います。

個人的にこの秋~年末年始に一押しの商品になりました。



秀鳳は山形県内では昔から親しまれていた銘柄の一つだそうですが、
九州ではまだ余りご存知でない方も多いと思います。

どうやらお話を聞くと、県外にも出し始めたのはここ15年くらいからだそうで、
それまでは殆ど山形県内で消費されていたとのことです。


これだけのお酒が今まで埋もれていたというのはもったいないような、恐ろしいような。
そんな山形酒の凄さを感じる訪問になりました。
19:37 蔵元訪問記

アルプスのワインがやってきた!「プチワイン試飲会」レポートです!

2011/10/16
10月13日開催、有料プチワイン試飲会無事終了しました
今日は試飲会レポートをお届けします

今回のワインは、アルプス山脈のふもとに位置する
サヴォワ地区のワインを中心に取り揃えました。
サヴォワのワインは生産量も少ないうえに
観光土産用がほとんどのため、
日本ではめったにお目にかかれません。

中でも、サヴォワの古来品種「モンドゥーズ種」でつくられた赤ワインは
年間生産7500本という、超超希少品種です。

IMG_2612_convert_20111016140425.jpg
↑これが7500本のうちの3本!!!


これら素敵なワインを持ってきてくださったのがこちら。
IMG_2641_convert_20111016141320.jpg
インポーター(輸入元)のアズマコーポレーションさんよりお越しいただいた
白藤さんです
今回のゲストとして、出品ワインについて、
ひとつひとつ熱心にお話をしてくださいました。
初めて知るような内容も多く、参加者のみなさんから質問もたくさん飛び出しましたよ!

さて、会場のみなさんの様子をのぞかせてもらいましょう

はじめはチョッピリ緊張気味?
IMG_2614_convert_20111016140946.jpg


でも、

IMG_2602_convert_20111016143055.jpg
ワインと

IMG_2597_convert_20111016143220.jpg
IMG_2595_convert_20111016143420.jpg
食べ物の力は偉大。


試飲がはじまれば、もうニコニコです
IMG_2638_convert_20111016141220.jpg



こちらはワイン試飲会初参加のおふたり
IMG_2634_convert_20111016141145.jpg



この日は女性もたくさんご参加いただき・・・
IMG_2632_convert_20111016141027.jpg
「ベッピンが多いね!」

――試飲会中、お買い物にみえたお客様より


サヴォワワインはもちろん、
そのほかのフランス・イタリア・スペインワインも、
一品出るたびに

「おいしーー!!」
「たまらない!」
「繊細な感じ」
「濃厚~」
「ロミオに逢えるかな?」


など、にぎやかな歓声が飛び交いました
(ロミオに逢えるかも?なワインはこちら→キュヴェ・ジュリエット
※なお、ジュリエットは造り手のお嬢さんのお名前とのことデス。

そんなこんなで、今回はいつにもまして盛況な会となり、
「大分でサヴォワのワインが飲めるなんて」
など、喜びのご感想もたくさん頂戴しました。

ご参加くださったみなさまには、
今回もたのしく会を盛り上げていただき、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました


試飲会にご参加できなかった方へ・・

サヴォワのワインが、当店のワインセラーに新入荷!
試飲会とおなじものをご用意しています。

白はいずれも、アルプスの雪解け水を閉じ込めたかのようなクリアな飲み口が特徴。
赤(モンドゥーズ種※)は、シラーのようなスパイシーな香りとしっかりしたボディが魅力です。
(※モンドゥーズはシラーの原種とも言われています)

ワイン好きなら、飲む価値アリのサヴォワワイン!
ご来店お待ちしております

13日に2件、14日に1件の拍手をいただきました
ありがとうございます


★当店の営業案内はコチラです★
19:03 有料試飲会・角打ち
 | HOME |