FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

芋焼酎特集!「蒼天の煌」「風憚」「新燃」「円覚」

2008/07/08
こんにちは!
7月になり、気温もぐんと上がってきましたね。
夏バテなどされないように、美味しい食事と美味しいお酒を愉しんでくださいね。
(なんてったって、お酒は百薬の長ですからね。でも、ほどほどに)


さて今回ご紹介するのは以下の四種。
IMG_0417_convert_20080705120025.jpg


左から「蒼天の煌」「新燃」「風憚」「円覚」です。

限定本格芋焼酎
 「蒼天の煌(そうてんのきらめき)
 (霧島横川酒造)


25度 1800ml 2.992円 720ml 1.680円

とっても素敵な名前だと思いません?
ロマンチックで、詩的で、個人的にとっても気に入っているネーミングです。

これは、原料の霧島山系の湧き水と、安納芋
互いのよさを引き立てあっている様を表現しているそうです。
そしてその名のとおり、この焼酎で使われている霧島山系の湧き水は、
とっても綺麗な蒼いお水なんですよ!

杜氏には、黄金酒造で「蘭」を手がけていた腕利きのの五領杜氏を迎え、
原料には良質な安納芋と黄金千貫を使用し、甕仕込み・甕貯蔵で造られた
(甕貯蔵のお酒はとってもまろやかに仕上がります)
霧島横川酒造の集大成ともいえるすばらしいお酒です。



本格芋焼酎 「新燃(しんもえ)」 (霧島横川酒造)

25度 1800ml 2.940円

こちらも霧島横川酒造さんの商品です。
「蒼天の煌」と同じく、九州でも稀な霧島山系の蒼い湧き水を使用しています。

この蒼いお水は私も資料写真で拝見したのですが、
淡く透明感があって、サファイアのようなとっても綺麗な色なんですよ。
この蒼の秘密は、お水に含まれるマグネシウムが多いためだそうです。 



本格芋焼酎「風憚(ふうたん)」 (吹上焼酎)

25.5度 1800ml 3.885円 720ml 1.890円

栽培が難しく、収穫量も少ないため、
幻の芋と称される「栗黄金」を使用しています。

栗黄金で作られた焼酎の特徴は、
フルーティーな香り、そしてなんといってもとろりとした上品な甘味にあります。

雑誌にも掲載され、インターネットの焼酎売上ランキングで
頂点に輝いたこともある銘酒です。
上質なクラシックを聴いた後のような、心地よい余韻を残します。



本格芋焼酎「円覚(えんかく)」  (神酒造)

25度 1800ml 2.940円

その名の由来は「覚り」を開いたかのような「円やかな」味わいから。

「千鶴」「いも神」など、
リーズナブルでありながらも
納得のいく焼酎を作り続けている事で有名な
神酒造の技術と経験が生み出した至極の逸品

濾過は最小限に抑えられており、その芳しい香りたっぷりとした味わいは、
大切な人とのひとときに選びたい一本です。

原料には厳選された「黄金千貫」や
地元鹿児島の地下水「紫尾山(しびさん)の伏流水」を使用し、
黒麹を用い甕で丹念に仕込んでいます


芋焼酎の原料でおなじみの安納芋は、
焼き芋として頂いてもトロッと甘くて、とっても美味しいんですよ。
サツマイモ好きの方、「安納芋」、要チェックですよ。

お問い合わせなどがございましたら、
お気軽にコメント欄、もしくは電話097-543-0912までどうぞ!
19:00 芋焼酎
 | HOME |