FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

愛猫家が造るビールはその名も「猫のラガー」!

2018/07/12
久々の輸入ビールのご紹介ですヾ(o´∀`o)ノ
今回のビールは、猫好き必見!
ジャケ買いしても後悔しません(笑)。




猫のラガー

nekonolager_1_1.jpg
330ml 536円(税込)
アルコール度数:4.8%
原材料:麦芽、糖類、ホップ、酵母
スタイル:ドルトムンダー
原産国:ベルギー



シュールな猫のラベルが印象的な本品を製造しますのは、
愛猫家のオーナー氏によって2014年に創業した
ベルギーのデポーシ醸造所。
その名はオランダ語で「猫(デポーシ)の醸造所」を意味します。
※オランダ語はベルギーの公用語のひとつです。

そんな猫愛溢れるデポーシ醸造所がお届けするビールも
もちろん(!?)「猫のラガー」!


しかしながら、一般的なラガーと違い、
瓶内発酵用の酵母にエール酵母を使用した本品は、
濃い味わいのエールと喉越し爽やかなラガーのハイブリッド。
そのため、ただ軽やかなだけではなく、重みもある軽快なテイストに仕上がりました。
(って矛盾してますよね^-^;;飲めばきっとわかります!)


白ビールのような柑橘香。
口のなかでむくむくと広がる豊かな味わい。
ピリッと舌を刺激する酸に、芯がありつつもマイルドな苦味。
甘味は弱すぎず強すぎず、夏に飲みやすい1本です。


今年日本に上陸したばかりのニューカマー。
ぜひお見知りおきを


《アイスブレーカーについて》
まだ在庫ございます◎
今年は入荷本数が例年より多いため
今ならまだ充分間に合います。
安心してお越しくださいね~


5日に拍手を頂きました
ありがとうございます



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★



15:32 世界のビール

欧州ベストブリュワリーから「アインガー セレブレーター」限定入荷です

2016/08/27
おひさしぶりの輸入ビール紹介です~

今回のお品は、
ワールド・ビア・アワード金賞受賞、
パーカーポイント97点、
その名は「祝賀会(セレブレーター)」、
そして製造元は欧州でもっとも成功したブリュワリーと称えられるアインガー醸造所と、
あらま、肩書を書き連ねただけでなんだかスゴそうなお品がこのたび日本初上陸!

笠木酒店にも初お目見えでーす



アインガー セレブレーター

celebrator2016_1_1.jpg


330ml 631円(税込)
アルコール度数:6.7%
原材料:大麦麦芽、ホップ
スタイル:ドッペルボック
原産国:ドイツ


肩書だけでなく
お値段も「スゴめ」な本品(631円)は、
中身も堂々とした品格。
濃い褐色に豊かでクリーミーな泡。
やや甘さを感じるまろやかでリッチな味わいの高アルコールビールです。

甘味・苦味・酸味・コクのバランスに優れた芳醇な味わいは、
毎日召し上がるデイリービールではないかもしれませんけれど、
一年に数回は飲みたくなるスペシャル・ビールといったところでしょうか

少々気は早いのですが、
これから迎える秋冬のこっくりとしたお料理とも好相性。
ビーフシチューやバターたっぷりのグラタン、
ホワイトソースやクリーム煮ともよく合うことでしょう。
(季節外れでゴメンナサイ~)

そのほか、お肉料理やジャガイモ料理などなどに合わせてお楽しみください

それでは、今週末もご来店お待ちしておりま~す(*^∀^)人(^∀^*)


17日に拍手を頂きました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
12:21 世界のビール

チェコ&スコットランドから本格ビール2種入荷です

2015/08/08
本日到着しましたビール2品の入荷速報です

traq_bud_1_1.jpg

左はビール個人消費量世界一にしてピルスナー発祥の地チェコから届いた
ブデヨビツキ ブドバー
(330ml 税込400円 度数5.0%)

舌を噛みそうな長~い名前ですが、通称「ブドバー」です。
700年の伝統を持つチェコの代表的なピルスナービール!
麦とホップが香る爽やかな味わい


右はスコットランドの古城で手作りされるストロングスコッチエール
トラクエア ハウスエール 
(330ml税込950円 度数7.2%)

スコットランドを代表するエール中のエール。
色味はグラスに注いでビックリのダークブラウン。
麦汁濃度が高く、10年は美味しく飲めます

どちらもお客様からのリクエストで入荷が叶ったアイテムです
リクエスト誠にありがとうございました

なお、笠木酒店はお盆も休まず営業いたします。

5日に拍手を頂きました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
19:40 世界のビール

味もお値段もリッチなトラピストビール「グレゴリウス」入荷です

2015/07/27
前回に引き続き輸入ビールのご紹介です!!
今回のご紹介はオーストリアからの最新トラピストビール。
あら、これはなんだか随分個性派ですねぇ・・・
「個性派」と聞いてワクワクする方は、ぜひご注目くださいね

グレゴリウス

gregorius_beer_1_1.jpg


330ml 961円(税込)
アルコール度数:10~11%
原材料:麦芽、ホップ、はちみつ
スタイル:トラピスト
原産国:オーストリア


トラピストビールとは、
トラピスト会修道院で製造され
なおかつ国際トラピスト会修道士協会の基準に合致し、
同協会が認定した修道院(醸造所)で醸されるビールのことを指します。
現在ではトラピストビールを名乗れる修道院(醸造所)わずか8つ。

本品は、2012年に最新8番目のトラピストビール醸造所に認定された
オーストリアはエンゲルッツェル修道院からの一本「グレゴリウス」です
2014年に日本にも輸入されるようになった本品ですが、
このたびいよいよ当店にも初お目見えしました☆

トラピストビールの花形「シメイ」「オルヴァル」と違って、
この「グレゴリウス」は見落としていた方も多いのでは?
さぁ、今回はそんな「グレゴリウス」がベールを脱ぎます(笑)!!

開栓してまずはその色味にビックリ!
紅茶のような褐色のダークエール。
泡まで薄茶がかっています。
香りは非常に豊か。
10~11%の高度数らしく、たっぷりのコクをはじめ、
甘・苦・酸・辛といったそれぞれ味の要素が強く、ボリューム感があります。
香りといい色といい味わいといい、
全体的に「濃い」ビールです。

お値段(330ml 961円)もリッチですが、
中身もお値段分の価値あるとってもリッチな味わい
あまり冷やしすぎず、フルボディの赤ワインのような感覚で召し上がるのがオススメ。

お料理も、赤ワインに合わせるようなものをチョイスすると面白そうです(*^o^*)
そうですねぇ・・・
チーズやナッツ、お肉料理。
このあたりでいかがでしょう

日常でちょっと贅沢したくなったら、ぜひ「グレゴリウス」も候補にいれてくださいね

いつも閲覧ありがとうございます\(^-^)/

★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★


18:58 世界のビール

コクと甘みとほろ苦さ「パウエルクワック」のご紹介です

2015/07/24
7月も終盤、暑いですね~\(^-^)/
こんなときはとにもかくにもビールという方も多いはず。
でも、当店でビールといえば、普通のよくあるビールのことではありません
ベルギーはじめ各国の輸入ビールを販売しておりま~す
本日のご紹介はこのお品。

パウエルクワック

kwak_1_1.jpg


330ml 532円(税込)
アルコール度数:8~9%
原材料:麦芽、ホップ、糖類
スタイル:スペシャルビール
原産国:ベルギー


キメ細かい泡と赤褐色のカラーが特徴のベルギービールです。
度数8%となかなかの高度数ですが意外なほど軽やか。
ただし、軽いだけでは終わりません
軽やかさの中にコクと甘味、キリッとした酸が楽しめます。

ところで、本品にはこんなユニークな逸話がありまして…。
このビールを造り始めたのは、
パウエルクワックさんという醸造所と宿所を経営する人物。
醸造所ではビールを造り、宿所には宿泊客のための馬車が沢山集まります。
しかしながら馬車の御者は、乗客の対応や馬の世話があるため手が離せず、
せっかくパウエルクワックさんの宿に来たのに
ビールを味わう暇がありません

それを見かねたパウエルクワックさんが考案したのが
このユニークな形状のグラス↓

kwakglass_blog.jpg


何かこう不思議な形ですが、
グラスを支えるための取っ手までついてかなり安定感がよさそうな感じですよね?

そう、これは忙しい御者が、
不安定な馬車の上でもビールを飲めるように考案されたグラスなのです

馬車を操縦しながらビールというのは一種の飲酒運転ですので、
現代においては決して真似しないでほしい逸話なのですが
(当時はオッケーだったのでしょうね^^;)
喉を枯らしながら働く御者たちを気遣った
パウエルクワックさんの優しい人柄が感じられるようなエピソードのご紹介でした☆

19.22.23日に拍手を頂きました
ありがとうございます


★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
17:15 世界のビール
 | HOME | Next »