FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

おしらせ

2030/02/01
※この記事は常にトップに反映されます。最新の記事はこの一つ下からご確認ください。

☆当店からのおしらせ☆
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆営業時間 年中無休 平日9:30~20:00 日祝9:30~19:00 の営業です。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆笠木酒店のfacebookページ随時更新中です。
 (内容はブログとほぼ同じです)
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
☆当店までの地図はこちらです。公共の交通のアクセスについてはこちらです。
<webマップをご利用の方へ>
webマップ上での当店の位置が大分市花園に表示されてしまうケースが稀にあるようです。
当店の場所は、大分市古国府(ふるごう)の旧道(ジョイフルさんや焼きそば想夫恋さんのある通り)、三福寺さん隣です。
お手数おかけしますが、なにとぞご確認お願いいたします。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
15:13 お知らせ

「杉勇」より生酛2種入荷しました

2021/02/24
山形の地酒「杉勇(すぎいさみ)」より生酛(きもと)仕込み2種のご紹介です。




杉勇 特別純米 生酛仕込 辛口+14生原酒
(山形/杉勇蕨岡酒造場)

sugiisami_karakuti14_1_1.jpg

720ml 税抜1360円(税込1496円) 1800ml税抜2620(税込2882円)
アルコール度数:17度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
日本酒度:+14
酸度:1.8
原料米:美山錦100%
酵母:山形酵母
精米歩合:55%


生酛で仕込んだ日本酒度+14の超辛しぼりたて純米生原酒。
口に含むとコシのある酸味と旨味が存分に広がり、
辛味で後味を引き締めます。
17度原酒の力強いボディ。
エネルギッシュな濃醇辛口酒です。
超辛好きさんで度数高めOKな方なら
ドハマリする方、多いはず。

パンチのあるお酒なので、
あわせるメニューにもそれなりのボリュームがほしいところ。
クセのない白身のお魚・・・よりは、
クセのあるものや脂のあるものがよいですね。
冬の脂の乗ったお魚や、あんきも・白子といった珍味系も好相性です。
(ちょっともう冬は終わりかかってますけれど(;´∀`))

ブリのお刺身やブリカマの塩焼きなんてすごく合うと思いますよ✨
「今夜はブリ!」
って方がいましたら、ぜひ本品もご用意くださいね笑◎




杉勇 生酛山卸(やまおろし)仕込 雄町純米生原酒
(山形/杉勇蕨岡酒造場)

sugiisami_omachi_kimoto2_1_1.jpg


720ml 税抜1360円(税込1496円) 1800ml税抜2620(税込2882円)
アルコール度数:17度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
日本酒度:+2
酸度:1.8
原料米:岡山県赤磐産 雄町100%
酵母:協会701号
精米歩合:60%


雄町を全量使用した生酛仕込みのしぼりたて純米生原酒。
先の「+14」に比べますと、同じ17度原酒でもこちらはアタックが柔らかく、
「ああ、雄町だなぁ」
という感じがいたします。
(「+14」は結構ガツンと来ますよ)

雄町の甘旨味を
生酛のしっかりとした酸がまとめる
厚みと奥行きある味わい。

本品も淡泊なお料理よりは
肉魚を使ったものが合わせやすいです。
もし精進料理を合わせるとしたら、
揚げ出し豆腐や干しシイタケの旨煮や切り干し大根の煮ものといった、
油分や旨味の利いたメニューがオススメ。

「+14」が辛さを重視したテイストなのに対し、
こちらは甘・旨・酸・辛のバランス型。
これはどちらが優れているかというものではなく、
完全に個性の違いです。


どちらも「安定の杉勇」といったところで、
両者ともにいまトレンドの味ではないかもしれませんが、
流行と関係なくいつの時代も売れそうな味がいたします。
ここが「杉勇」の強みであり、
「杉勇」ファンは「杉勇」のそういうところが好きなんですよね(*^ω^*)

それではまた次回の更新で~😊




★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★
14:17 日本酒(山形/杉勇)

「房島屋 純米吟醸 五百万石 生酒」&「房島屋 兎心BLACK 2021」入荷しました

2021/02/21
今回のご紹介は、岐阜の地酒「房島屋」からの2品です。


房島屋 純米吟醸 五百万石 生酒
(岐阜/所酒造)

boujimaya_500_jyungin2_1_1.jpg


720ml 税抜1500円 1800ml税抜3000円
アルコール度数:17度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
日本酒度:+4
酸度:1.9
原料米:五百万石
精米歩:60%


五百万石を100%使用した純米吟醸 無濾過生原酒。
(商品名に「無濾過生原酒」とついていませんが無濾過生原酒です)

蔵元いわく
「今年は例年以上にシャープな仕上がりで五百万石らしさがよく出ており、
キレのよい食中酒向けの純米吟醸酒になっております」
とのことで、あらま、これを聞いただけで既に美味しそうですね!

五百万石のスッキリさやジューシー感に
綺麗な酸をまとった
透明感あるエレガントな「房島屋」。

甘すぎない甘味と程よい旨味。
若々しく厚みあるボディ。
後味はドライに引き締まります。

ムニエルなどの洋食や、
揚げ物炒め物あるいはマヨネーズ味といった
油分のあるお料理が特に好相性です。
このあたりは「房島屋」全体の特徴ですね。
ハイカラなお料理とのマッチングが得意なブランドです✨

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

そして、年末の人気アイテム「兎心(ところ)BLACK」の新作
「房島屋 兎心(ところ)BLACK 2021」
も入荷しました!

tokoro_2021_1_1.jpg

華やかな香りがお得意の1801号酵母を使用。
※年末の「兎心BLACK」は9号酵母の純吟と17号酵母の純吟のブレンドです。

といっても、すごく華やかプンプン系ではなく、
甘い香りがふわりと優しく広がります。
旨・酸の効いたややジューシーな辛口酒。
ピチピチとした微発泡あり。

「2021年は明るい年になるよう祈りを込めて」の
華やかバージョンだそうですよ✨

開栓して日がたちますと
ガスが抜けてピチピチした感じは減少しますが、
その代わり甘味が強く感じられるようになります。
こういった味の変化も楽しいお酒です。
甘いのがお好きな方は、むしろ開栓数日後のほうがお好きかもしれませんね笑♡


それではまた次回の更新で~(*^ω^*)



★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★


18:36 日本酒(岐阜/房島屋)

「能古見 純米吟醸 あらばしり」入荷しました

2021/02/18
今日のお品は「お料理を引き立てる脇役タイプ」ではありません。
堂々「お酒が主役」の一本です。



能古見 純米吟醸 あらばしり(佐賀/馬場酒造場)

nogomi_jyungin_adabasiri29_1_1.jpg


720ml 税抜1682円 1800ml税抜3382円
アルコール度数:16度
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
原料米:山田錦
日本酒度:+2前後
精米歩合:50%


佐賀の地酒「能古見(のごみ)」のあらばしりが到着しました。
山田錦100%使用の純米吟醸、年一回の限定販売品です。


世の中には「料理の引き立て役」に徹したお酒もあり、
それらはいうなれば
「お酒がお料理より目立ったらいけんよね」
という控えめな性格(?)のお酒たちです。

かたや本品は堂々主役。
甘く華やかな香りはやや料理を押しのける向きもありますが、
「それが何か?」
といわんばかりの我が道を行く個性の強さは、
案外お好きな方多いんじゃないですかねぇ(`・ω・´)
(実際、「能古見」のあらばしりは人気があります!)

フルーティーでみずみずしい口当たり。
イチゴを思わせる愛らしいニュアンス。
佐賀酒らしいしっかりめの甘味に酸がマッチした
口当たりのよい甘酸っぱテイスト。
後味は心地よい苦味と辛味で引き締めます。
(苦味といってもすごく苦いわけではないです。
お酒の味の要素の一つとしてうまく調和しています◎)

荒々しいあらばしりではなく、
ふわりとした柔らかさすら感じさせる
女性的なあらばしりです。

「それじゃあ、あらばしりっぽさはないんですか?」
と問われると、
みずみずしさやフレッシュさに"あらばしりらしさ"を感じますよ!

「華やか・フルーティー・甘酸っぱ!」
このキーワードにビビビと惹かれる方なら
お口に合いやすいことでしょう。


当店のお酒だと「秀鳳(しゅうほう)」がお好きな方は
特にお好みに合うかも??と思いました(*´∀`人 ♪

と言いながら、上記は個人の主観なので、もし
「『秀鳳』は好きやけどこれはちょっと好みと違ったわ」
という方がいましたらすみません(;´∀`)
でも、本品もお酒そのものはイイ酒ですよ!


それではまた次回の更新で~(ღ*ˇᴗˇ*)





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★

12:40 日本酒(佐賀/能古見)

力強さと柔らかさ「バルベーラ・ダルバ・スペリオーレ’16」のご紹介です

2021/02/05
今回はワインのご紹介~の前にひとつおしらせです!

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
人気の「森嶋 雄町 純米大吟醸生原酒」再入荷しました。
「森嶋」は

●ノンビリしてると完売になる
●リピ買いに来たら既に完売していた


という現象が続出していますので、
お気になる方はお早めにどうぞ~💨
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥


それでは今回のお品のご紹介です(^O^)



バルベーラ ダルバ スペリオーレ'16


barbera_superiore_2.jpg



750ml 3190円(税抜)
赤 フルボディ 15%
品種:バルベーラ
産地:イタリア DOCバルベーラ・ダルバ


イタリアワインの女王バルバレスコの名醸地である
ピエモンテ州ネイヴェ村コッタ産のバルベーラを100%使用した
「バルベーラ・ダルバ・スペリオーレ」。


「スペリオーレ」とはイタリア語で「優れた」を意味し、
イタリアワインにおいてはアルコール度数が
規定よりも1%以上上回ったものにつけられる名称で、
本品も度数は高めの15%。
しかしながら、良い意味で15%を感じさせない
まろやかさと柔らかさで、飲み疲れません。

色味はガーネットやアメリカンチェリーのような
黒みがかった濃い赤紫色。
香りはフルーティーでややスパイシー。
渋味も酸味もマイルドで、味のよく溶け込んだリッチなバルベーラです。


ガツン系ワインではないため、
一口目のインパクトは弱いかもしれません。
けれど、本品はけっして薄いワインではなく、
例えて言うなら幾重にも音が連なる「重奏」の味です。

安価なワインになるともっと味がシンプルで、
「重奏」でないことも珍しくありません。
そういったものは「味の奥行きに欠ける」という言い方もできますが、
これは値段相応ってやつですので、ある意味当然のこと。
また、「奥行きはないけど美味しい安旨ワイン」もたくさんあります。


一方、本品は重奏の味ゆえ、
噛めば噛むほど味が出るスルメのように
「飲み進めるうちにより一層良さがわかる」タイプのワインです。

「一口目でドカンと感じる派手なインパクト」
には欠けるものの、
グラスを重ねるうちにしみじみ
「これウマイわ」
とますます評価が上がってくる方、多いと思いますよ!

なお、誤解のないよう付け足しますと、
一口目が不味いというわけでは決してありません笑。
深みある柔らかな口当たりはむしろ好印象ですらあります。
そして、飲んでいくうちにその好印象がますますUPする一本です✨


というわけで、本品はぜひ美味しいお食事と一緒に
ゆっくり召し上がってくださいね~(^ω^)/🥂\(^ω^)
「スペリオーレ(優れた)」と付く通り、いいワインですよ。
お値段分(税抜3190円)の価値はしっかり感じられます。


それではまた次回の更新で~(#^.^#)





★掲載商品の通信販売承ります。詳しくはこちらをご覧ください★
★当店の営業案内はコチラです★
★商品情報は掲載時のものです。予告なく変更、完売、取り扱い終了している場合もございます。ご了承ください★




11:57 イタリアのワイン
 | HOME | Next »